テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/05/25
  • Motor Fan illustrated編集部

スパイラル・トラック:計測精度が命のダミー。誤差1%以内の高精度を誇る次世代型ダミー胸部変位の機械式計測器 ジャスティ

ジャスティのスパイラル・トラック

このエントリーをはてなブックマークに追加
スパイラル・トラックを組み込んだTHOR 50、WorldSID50 側突時の肩への衝撃を計測するようにダミーに取り付けられたスパイラル・トラック。
自動車開発で欠かせない人体ダミーのトップメーカーであるジャスティ。そのダミーに組み込む高精度な計測器がスパイラル・トラックだ。非直線性精度1%以内の誤差に抑えているのが特徴だ。

 衝突実験などで欠かせない人体ダミーは、実際の人体をどこまで再現できるか、また実際の事故での人体への影響をどこまで再現できるかが重要だ。

 ジャスティは、衝突試験用ダミーの開発と製造を行う企業で、世界市場で高い評価を受けている。今回、人とくるまのテクノロジー展2019横浜のジャスティのブースに展示させていたのは、人体ダミーの中に装着し、衝突実験の際のデータを収集する機械式センサーであるスパイラル・トラックだ。

次世代型ダミー胸部変位の機械式計測器
入力があると回転しながら円柱が沈み込み、その変位量を角度センサーで測定する構造だ

 従来の機械式計測器に見られた経時的追随性を追求したバックラッシュゼロの先端機構を備え、複数のスリーブ状の円柱に螺旋構造の溝が彫り込まれた構造の変異計測器だ。これらのスリーブの上位下部の個別の伸縮にかかわらず、すべての円柱の沈み込み変位量を角度センサーで測定する構造で、円柱の組み合わせ個数とストロークを変えることで、あらゆる形状のダミーに組み込むことが可能だ。

 下部には3軸の(x、y、z軸)回転式変位計が組み込まれ、斜め入力に対して正確な変位量を軸回転構造により計測することが可能となる。

左が胸前方。この向きに付けると前面衝突時に胸部にかかる衝撃を計測できる。

 同様の目的の光学式計測器も存在するが、誤差が3%程度と精度が高くなかった。スパイラル・トラックは、シンプルな構造で高い精度を持つのが特徴。すでに日本、米国、欧州、中国、インド、韓国、台湾で国際特許を取得しているため、今後は、業界のスタンダード計測器になる可能性も高い。


CRASH DUMMY FIGURE(通称:人体ダミー君)がブースに登場!
余談だが、Motor Fan illustrated編集部のオリジナルダミー君フィギュアは、ジャスティ社の監修のもと、製作されたものだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated