テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/05/27
  • 遠藤正賢

日本スピンドル製造:BBS製アルミホイールの軽さを支えるのは「鍛造」だけとは限らない!…フローフォーミング加工

リム部をしごくことで薄肉化、軽量化を実現するアルミホイール加工機「CW2210EF」

このエントリーをはてなブックマークに追加
BBS「RE-V」と「フローフォーミング加工」適用有無のリム部比較カットモデル
紡績機械用スピンドルの開発・製造を行う会社として1918年に創業、その後様々な産業機械を手掛けるようになり、2010年からは住友重機械工業の完全子会社となった日本スピンドル製造。そこには同社のアルミホイール加工機「CW2210EF」の模型とともに、BBS製のアルミ鍛造1ピースホイール「RE-V」が展示されていた。

PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)

「フローフォーミング加工」採用の主なメリット

 BBSといえば、鋳造アルミビレットを鍛造で約1/4にまで押しつぶすことで作られる、軽量高剛性なアルミホイールを製造し、古今東西のスポーツカーやレーシングカーに採用されていることで有名だ。

 しかしながら、日本スピンドル製造によれば、ただ鍛造しただけではリム部に厚みが残りやすく、これをさらに薄肉化するには大型のプレス機が必要になるという。

アルミホイール加工機「CW2210EF」の模型。ろくろ状の回転台に鋳造または鍛造後のアルミ材料と金型をセットし、回転させながらローラーでリム部をしごく

 同社のアルミホイール加工機「CW2210EF」は、金型に沿わせて材料をしごくことで金型形状を転写させる「フローフォーミング加工」を行うことが可能。これをリム部の成形に用い、材料の密度を向上させることで、アルミ鍛造ホイールでも大型プレス機を用いることなく強度を高め薄肉化、軽量化を実現する。

 会場内の同社ブースにはこの「フローフォーミング加工」を採用して作られたBBSのアルミ鍛造1ピースホイール「RE-V」と、リム部の比較カットモデルを展示。アルミ鍛造ホイールにもさらなる薄肉化、軽量化の余地が大いにあることを示していた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated