テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/05/28
  • Motor Fan illustrated編集部

デンソー製車両周辺監視システムにイーソルの機能安全リアルタイムOSが採用

安全性を担保するセーフティメカニズムの構築を支援

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーソルのウェブサイトより
イーソルは、デンソーが開発した車両周辺監視システムに、イーソルの機能安全対応マルチコアプロセッサ向けリアルタイムOS「eT-Kernel MCE(Multi-Core Edition)」を中核とするソフトウェアプラットフォーム(eTK MCEベースプラットフォーム)が採用されたことを発表した。

 デンソーが開発した車両周辺監視システムは、高精度のカメラ映像および画像処理技術の組み合わせにより、車両周辺に搭載されたカメラの画像を合成し、鮮明な映像と高い検知機能を提供するシステム。

 eT-Kernelは、機能安全規格ISO 26262(自動車)および IEC 61508(産業機器)ともに最高の安全度水準(ASIL D、SIL 4)のプロダクト認証の取得実績を有している。また、イーソルのリアルタイムOS製品の開発プロセスは、医療機器向け安全規格IEC 62304に準拠していることが認証された実績を有している。eBinderは、ISO 26262/IEC 61508で規定されている要件を満たす手順で開発されている信頼性の高い開発環境。さらに、eT-KernelおよびeBinderユーザ向けに、イーソル製品を使ったユーザシステムでの機能安全実現に関わる情報やエビデンスが含まれる、セーフティ・マニュアルやセーフティ・レポートなどをパッケージにした「eT-Kernel Safety Package」を提供している。イーソルは、ユーザが自社製品の開発および機能安全規格への対応実現に注力できるよう、ユーザのニーズに合わせた機能安全対応を包括的にサポートする。

イーソル 常務取締役 上山伸幸氏のコメント
「デンソー様の車両周辺監視システムにeT-Kernel MCEベースプラットフォームをご採用いただき大変光栄です。イーソルは今後も、厳格なリアルタイム性や高信頼性が求められる組込みシステムにおける豊富な開発実績と、自社製品の機能安全認証の取得実績で培った経験やノウハウを活用し、車載システム開発における品質・安全性確保を強力に支援します」

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated