Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. フィット

新型ホンダ・フィットのサスペンションを眺めてみる【東京モーターショー2019】

  • 2019/10/28
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

四代目にフルモデルチェンジを果たした新型ホンダ・フィット。サスペンションの構造はどうなっているのか撮影してきた。
(WP02/WM01:本田技研工業)

リヤサスペンションを左側面前方から。ホンダのスペックでは「車軸式」と称する、いわゆるトーションビームアクスル(TBA)式を採用。アンチロールバーは……下から眺めても確認できなかった。
リヤサス@左後方から。ビーム部とトレーリングアームの接合具合が見て取れる。ダンパーとばねは別軸配置。
ビーム部の拡大。ここから見る限りはパイプをつぶしてU字成形し、高剛性設計にしている模様。ビームとアームをつなぐガセットも相当強固だ。アームは1G状態で地面と並行。ダンパーは少々の後傾、荷室体積とストローク効率の両立を図る。
トレーリングアームのピボットはご覧のような角度でボディマウント。前方が進行方向。ブッシュ容量は大きくとっているようだ。
左リヤサスを後方から。ばねはオフセット配置、ダンパーは先述のように少々の後傾。リヤブレーキはディスク式、パーキングブレーキのためのアクチュエータが見て取れる。(ブレーキ方式を当初「ドラム式」と記載していたところディスク式に訂正しました)
右フロントサスペンションを前方から。形式はFF常道のマクファーソンストラット式。ロワアームはプレス構造の下開放断面形状。ボディ側ピボットは、前水平軸/後垂直軸。ナックル側は上向きボールジョイント方式。アンチロールバーは1:1のレバー比を確保できているようだ。
右フロントサスを後方から。タイロッドはうしろ引き、曲率は最小限に抑えられている。ロワアームは後方の開放断面を巻き込み加工し、剛性を確保しているようだ。サスペンションメンバーのボディマウントは剛結、アームの長さと形状もそれほど長くないので剛性も期待できそう。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ