Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ハスラー

スズキ・ハスラーコンセプトのサスペンションを眺めてみる【東京モーターショー2019】

  • 2019/10/28
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハスラー コンセプト」なんて名前をつけているけど、どうみても二代目として出す気満々の同車。そのサスペンションを仔細に眺めてみる。
(WP01:スズキ)

右リヤサスを後方から。展示車両はAWD仕様で、リヤサス形式はリジッドアクスル式。ホーシング(Housing)とボディをつなぐラテラルロッドが斜めに伸びる。
別角度から。トレーリングアームはプレス打ち抜き式。リアブレーキはドラム式で、パーキングブレーキはワイヤー引きであることがうかがえる。
トレーリングアームの1Gでの角度はごらんのとおり、少々の下半角がつくセッティング。ブッシュ容量はそれほど大きくないようだ。
左フロントサスペンションを前方から。マクファーソンストラット式。ロワアームはプレス打ち抜き構造で、ボディ側ピボットは前水平軸/後垂直軸配置。ナックル側は上向きボールジョイント。タイロッドはFF大勢のうしろ引き。
右フロントサスを前方から。波打つ白と黒のコードは展示用の電源類で車両とは無関係。1ピストンのフロントキャリパーが確認できる。1Gではロワアームに下反角が与えられているようだ。

おすすめのバックナンバー

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ