Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事
  4. 内燃機関超基礎講座

内燃機関超基礎講座 | メタル(滑り軸受け)単純な金属加工で最大の効果を!鋼、真ちゅう、樹脂など素材はさまざま

  • 2020/06/04
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
クランクシャフトメタル

コンロッド小端部にメタルを封入する例。自動車用エンジンでメタルといえばクランクメタルが代表格だが、ピストン側にも使われる。自動車で起きる現象はすべて「振動」と「摩擦」に支配される。摩擦による機械損失の低減は重要である。

 滑り軸受け=プレーンベアリングが本来の呼び名。かつてはクランク軸の保持にボールベアリングが使われたこともあるが、トライボロジー(摩擦·潤滑の応用力学)の進歩によって銅やアルミの合金による軸受けと潤滑油で代用できるようになった。現在の市販車エンジンはほとんどがふたつ割りのメタルを使う。表面コーティングやオイル溝の入れ方も刻々と進化している。近年では燃費要求の厳しさからニードルローラーベアリングを使う動きも出てきた。

ニードルローラーベアリング
コンドッドにも | コンロッド小端部にメタルを封入する例。自動車用エンジンでメタルといえばクランクメタルが代表格だが、ピストン側にも使われる。自動車で起きる現象はすべて「振動」と「摩擦」に支配される。摩擦による機械損失の低減は重要である。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ