Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

キヤノン:日本電産グループと次世代AGV・AMR分野で協業開始

  • 2020/08/05
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本電産シンポ「S-CART-V」シリーズに搭載されるキヤノンの映像解析システムのイメージ

キヤノンは、ガイドレス方式の次世代自動搬送台車(Automated Guided Vehicle :AGV)や自律走行搬送ロボット(Autonomous Mobile Robot:AMR)分野において、日本電産グループの日本電産シンポと協業を開始する。本協業により、キヤノンは、日本電産シンポが発売する、ガイドレス方式の次世代AGVにVisual SLAM技術(※1)を含む映像解析システムを提供する。

 近年、工場や倉庫などの物流業務における省人化や効率化の観点から、AGVなどの自律移動ロボットの需要が高まっている。しかし、既存の磁気テープを用いるガイド方式のAGVや、ガイドレス方式で主流の2次元LiDARによるSLAM技術を用いるAGVは、人が動き回ったりモノが増減したり時々刻々と状況が変化する現場に柔軟に対応することが難しく、期待する効果が得にくいという課題がある。
 
 キヤノンが開発したVisual SLAM技術は「移動ロボットの眼」となるソフトウエア技術で、水平面・垂直面の幅広い画角で撮影されたカメラの撮影データを用いて、周囲の環境の3次元情報とカメラの位置姿勢を同時に推定するため、レイアウト変化の多い現場でも柔軟に対応することができる。

 今回、キヤノンは日本電産シンポと協業し、キヤノンのVisual SLAM技術を含む映像解析システム「Vision-based Navigation System for AGV(※2)」を提供することにより、日本電産シンポが販売を開始する自動搬送台車「S-CART」の新シリーズ「S-CART-V」の製品化に貢献した。日本電産シンポは、搬送重量100kgタイプの販売を皮切りに、その他の機種についても順次、本システムの搭載を進める予定。

Visual SLAM技術による映像解析イメージ(映像からの特徴点抽出)
Visual SLAM技術による映像解析イメージ(自己位置推定による移動軌跡)

 Visual SLAM技術は、カメラを用いて、撮影された映像から周囲の環境の3次元情報とカメラの位置姿勢を同時に推定する。水平面・垂直面の幅広い画角で撮影されたカメラの映像データを用いるため、レイアウト変化の多い現場でも高精度に位置姿勢を計測することができる。キヤノンは、現実世界と3D CGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実)の長年にわたる技術開発で培った、周囲の静止物をマーカー代わりにする空間特徴位置合わせ技術を活用することでVisual SLAM技術を含む映像解析ソフトウエアの実用化に成功した。

 なお、次世代AGVの開発に際し、キヤノンと日本電産シンポの両社工場内にて2019年より試作機を運用し、信頼性を高めている。今後はVisual SLAM技術の展開の幅を広げ、「移動ロボットの眼」をAGV・AMR分野のみならず、清掃、運搬、警備、点検、探査などさまざまな用途で活用されるサービスロボットやドローンに搭載することを目指す。

※1 SLAMはSimultaneous Localization and Mappingの略で、 自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術。 Visual SLAM技術は、 カメラを用いたSLAM技術。
※2 映像解析ソフトウエア「Vision-based Navigation Software」、 ステレオカメラ、 コントローラーハードウエアなどで構成するシステム。

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ