Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事
  4. 内燃機関超基礎講座

内燃機関超基礎講座 |現在もっとも超ショートストロークなエンジンはどれだ? S/B比0.75のエンジンは、ポルシェとマクラーレン。スバルEJ20生産終了後の国産では?

  • 2021/02/24
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
S/B=0.75という超ショートストローク型エンジンであるポルシェの3.8ℓ水平対向6気筒ターボ

エンジンの話題でよく登場する「ロングストローク」「スクエア」「ショートストローク」という用語。エンジンのボア径とストローク長が同じエンジンを「スクエア」といい、ボア径よりもストローク長が長いエンジンをロングストローク、短いエンジンをショートストロークという。エンジン効率を追求するとロングストロークになる傾向が現在のエンジンにはある。数少なくなったショートストロークのエンジンで、「もっともショートストローク型」のエンジンはどのエンジンだろうか?

ストローク長をボア径で割ったものを一般的にS/B比という。たとえば、トヨタ86が搭載する2.0ℓ水平対向4気筒エンジンのボア×ストロークは
86.0mm×86.0mmなので、S/Bは1.00。
これをスクエア型という。

対して、燃費対策を重視することで最近多くなっているロングストロークは、S/B比が1.00を超えるものをいう。

現在、国産メーカーのエンジンでもっともロングストローク型なのは、ホンダのS07B型だ。軽自動車用エンジンである。
排気量 658cc
内径×行程 60.0mm×77.6mm
だから、S/B比は1.293にもなる。

なぜそロングストロークのエンジンがが燃費型なのかといえば、冷却損失の小ささが理由だ。シリンダー内壁と燃焼室部分の表面積を計算すると、ロングストロークエンジンはショートストロークエンジンよりも小さい。これは、シリンダー壁面から冷却水に奪われる熱量が小さい、つまり熱損失が少ないことを意味する。

国産でもっともショートストローク型だったのは、スバルの2.0ℓ水平対向4気筒ターボのEJ20だった。S/B比は0.815だった

対して、ショートストロークのエンジンは、「高回転型」と言われる。したがって、これまでも、スポーツカーのエンジンはショートストローク型が多かった。7000rpmあるいは8000rpmまで気持ちよく噴け上がるショートストローク型エンジンはマニアに人気だった。

では、現在ラインアップされているエンジンでもっともショートストロークのエンジンはなんだろう?

国産エンジンでいえば、スバルWRX STIが搭載していた名機と謳われた「EJ20型」2.0ℓ水平対向4気筒ターボが
屈指のショートストローク型で
総排気量:1994cc
ボア×ストローク:92.0mm×75.0mm
でS/B比は0.815だった。

VQ35HR 気筒配列:V型6気筒 排気量:3498cc 内径×行程:95.5mm×81.4mm 圧縮比:10.6 最高出力:225kW/6800rpm 最大トルク:350Nm/5000rpm 給気方式:自然吸気 カム配置:DOHC 吸気弁/排気弁数:2/2 バルブ駆動方式:直接駆動 燃料噴射方式:PFI VVT/VVL:In/○

EJ20型が生産中止になったいま国産エンジンでもっともショートストロークなのは、
フーガハイブリッドなどが搭載する日産VQ35HRエンジンだ。
3.5ℓV6DOHCで
排気量:3498cc
ボア×ストローク:95.5mm×81.4mm
S/B比は0.85
である。

では、海外メーカーではどうだろう?
もっともショートストローク型は、ポルシェ911ターボが搭載する3.8ℓ水平対向6気筒DOHCターボ(DAB型)である。
3.8ℓ水平対向6気筒DOHCターボで
排気量:3745cc
ボア×ストローク:102.0mm×76.4mm
S/B比は0.75

である。ポルシェの水平対向エンジンはターボ/NAともにすべてショートストローク型だ。

ちなみにフェラーリエンジンでもっともショートストロークなのは、GTCルッソが積む6.3ℓV12エンジン(S/B比0.80)。
アストンマーティンでもっともショートストロークなのは、DB11が積む5.2ℓV12エンジン(S/B比0.78)である。

ランボルギーニの6.5ℓV12エンジンのS/B比は0.80。やはりスーパーカー系のエンジンは現在でもショートストローク型が多い。

M838T 形式:水冷90度V型8気筒DOHC 総排気量:3799cc ボア×ストローク:93.0×69.9mm 圧縮比:8.7 最高出力:447kW/7000rpm 最大トルク:600Nm/3000-7000rpm 過給の種類:ターボチャージャー ×2

もう1基、超ショートストローク型のエンジンがある。
マクラーレン570Sなどが搭載するM838TE型だ。

3.8ℓV8DOHCターボで
排気量:3799cc
ボア×ストローク:93.0mm×69.9mm
S/B比はポルシェ911ターボと同じ0.75である。

内燃機関超基礎講座 | マクラーレンV8エンジンの開発プロセス。ターボでV12を超える。

V12エンジン縦置きミッドシップだった超スーパーカーのモデルチェンジ。V12搭載のライバルたちに負けない性能を確保するのは...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ