テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

コラム・連載記事 103件


電動ストックオプションとはなにか? 電動化推進の裏側にあるものを探る【牧野茂雄の自動業界車鳥瞰図】

HUDのカラーユニバーサルデザインを考える──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第32弾

新能源車=NEV規制を読み解け。「テスラ100社」を夢見る中国、その勝算と現状(4)

新能源車=NEV規制を読み解け。「テスラ100社」を夢見る中国、その勝算と現状(3)

ホンダ・シビック Type Rとルノー・メガーヌR.S.のデュアルアクシスストラット──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第29弾

Suspension Watch:新旧比較 マツダ・アクセラと新型マツダ3のサスペンションを見比べる

新能源車=NEV規制を読み解け。「テスラ100社」を夢見る中国、その勝算と現状(2)

Xのスペックを予想する。SKYACTIV-Xの圧縮比は「15.0」。ガソリンエンジン量産車最高の圧縮比で最高熱効率か

新能源車=NEV規制を読み解け。「テスラ100社」を夢見る中国、その勝算と現状(1)

中国EVプラットフォーム総覧 電動プラットフォームがあれば、EVは作れる?

中国におけるコピー車敗訴の、本当の理由:米国という虎の尾を踏んでしまった中国

ターボメーカーが鎬を削るガソリン用VGターボ。なぜ、「可変容量」なのか?

日本人の勤勉さと「すり合わせ」の巧さを生かせる時代がまた到来した【牧野茂雄の自動車業界鳥瞰図】

【牧野茂雄の自動車業界鳥瞰図】中国だけではない。アジア市場に目を向けるべきだ。自動車市場の昨年と2019 年

マツダ3のリヤサスは、あえてのTBA。4輪駆動もTBA。レイアウトの工夫をしてまでTBAにこだわった理由は

マツダの直噴ターボ——登場は14年前だった

モデルベース制御システム「RAICA」の威力を目の当たりにする

【牧野茂雄の自動車業界鳥瞰図】自動車新興ブランドの「夢」と「現実」QOROS、Lynk&Co、ボルグヴァルト、ビンファスト……

⑦2ストローク対向ピストン・ガソリンエンジンの可能性 畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」最終回

⑥SKYACTIV-Xか可変圧縮比か。シリーズハイブリッド専用の高効率エンジン実現に向けて 畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」⑥

103件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る