テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

テクノロジー 214件


新型Mazda3(アクセラ)が全面採用するSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREの理屈──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第2弾

スーパーハイパフォーマンスOHV!──クライスラーHEMI

アルファロメオにとっての「1750」という数字の重み──1750TB

マセラティのために仕立てられたV8

カウンタックから続く、行って戻って後輪を駆動するパワートレイン──ランボルギーニのV12

『下町ロケット』で焦点になったCVTのトランスミッションの副変速機とは?

3気筒ならお手の物、ターボ仕様を加えたリッターカー用エンジン──ダイハツKR

世界中を瞠目させた「フル」スカイアクティブ──SKYACTIV G 2.0 新型アクセラにも搭載されるはず

ホンダ・レジェンドが搭載する長寿V6エンジン、Jシリーズ。直噴化で再生

広報写真はもう見飽きた!スズキ・ジムニーのフレーム/シャシーを眺めてみる

e-POWERからスーパーチャージャーまで、バリエーション豊かなエンジン──日産HR

ホンダが久しぶりに投入したターボエンジン──L15B T/C

日産の5.6ℓV8! 直噴からポート噴射へ移行したユニークなエンジン

トヨタの最新ディーゼル。最新鋭最先端だが、ひたすら耐久信頼性をねらうGD

新型スープラも搭載、BMWの現行ガソリンストレートシックス──B58

ダイナミック・プレッシャーターボ! CX-5に新たに搭載された2.5ℓ直4ターボ:SKYACTIV-G 2.5T

熊倉重春の「自宅にハイブリッド車が3台」──ハイブリッドと過ごした年月

ロータリーエンジン特有の現象「疑似ノック」とは何か

排気量258ccアップ。マツダCX-3が積むSKYACTIV-D1.8はなぜ排気量を大きくしたのか?

踏みたい、けど燃費は悪くしたくない……エンジンにとって最適な運転状況とは

214件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る