テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

テクノロジー 269件


メルセデス・ベンツを選ぶ人、必読!メルセデスのなんとかトロニックを整理してみる:AT? DCT?

アクティブサスペンションとは何か──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第17弾

パンクしても走れるランフラットタイヤを考察する──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第16弾

あなたの一票でもっとも注目すべき自動車技術が決まる! “テクノロジー・オブ・ザ・イヤー”【MFi テクノロジー・アワード2019】

もっとも注目すべき次世代技術を選ぼう! アドバンスト・テクノロジー・オブ・ザ・イヤー【MFi テクノロジー・アワード2019】

BMWの「●20i」「●40d」は何ccのエンジンか? 直4?直6?120/220/320/420/520

バンク内過給+ツインスクロール!——BMW S63/N63

ホット・インサイドで武装したポルシェのV8——4.0ℓ V8 Turbo

スーパーチャージャー過給でV8をさらにパワフルに——508 PS

レクサスUXのバランサー──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第13弾

いまも、プジョー/シトロエンの主力。開発コード「Prince」、BMWとの共同開発によるエンジン——EPシリーズ

日本でもおなじみだったルノー日産の2.0ℓディーゼル——M9R

日産/ルノー、そしてメルセデスが搭載する1.5ℓディーゼル——K9K “dCi 75 / 90 / 110”

マセラティ初のディーゼルエンジンは老舗のエンジンメーカー製——A630

ディーゼル覇権の歴史 ディーゼルエンジンをここまで高度に作り上げたのは、日本・ドイツ・イタリアの技術だった

トヨタ・新型スープラのトランスミッションは、最新世代のZF製8速AT。レシオカバレッジも現代最大級だ

マツダ・スカイアクティブGエンジンの地道な改良

さようならEZ36! スバルのボクサー6はポルシェのどのエンジンと同等性能か

高張力鋼板を使うと何がいいのか(2)──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第11弾

高張力鋼板を使うと何がいいのか──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第10弾

269件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る