テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

テクノロジー 361件


スバル・インプレッサに搭載されていた1.5ℓボクサー4:EL15型

カムシャフトをよく見ると凹んでいるロブ、その理由とは

スバルのユニークなアイドルストップ。クルマが実際に動き出すまでの時間にこだわる。

マツダ「i-ELOOP」のしくみ。キャパシタを使って何をしているのか。

マツダ×トヨタのSKYACTIV-HYBRIDとはどのようなパワートレインだったのか

次期フィットにも搭載するホンダのi-MMD用セグメントコイルモーター

マツダ3 SKYACTIV ビークルアーキテクチャー具現化のために生まれたボディ

畑村博士に訊く点火と燃焼の基礎知識——ノッキングを知ればエンジンがわかる

中国・第一汽車のV型12気筒——CA12GV

機械式スーパーチャージャーの知られざる本質

EVには2速ギヤボックスを! ZFが考える変速機構+高性能モーター+PCU統合型電動ユニットがEVの可能性を広げる

新型スカイラインが搭載するV6ターボ! とにかくレスポンス。そのためにEGR不採用も辞さず。──VR30DDTT

マツダ3のSKYACTIV-Xエンジンは、やはりカプセル化されていた。目的は保温と音対策!

マツダSKYACTIV-X:常識破りのブレークスルー。ガソリンエンジンで圧縮比世界最高16.3、燃料噴射圧世界最高700bar

ひょっとしてこうやって考えた?ダイハツのD-CVT──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第31弾

車体やエンジンの重心を正確に測定する、レゾニックの重心計測技術とは

ZF 進化するトランスミッション 電動化時代も縦置き用ATの主役は8HP。BMWとFCAは採用決定!

マツダ3のリヤサス、TBA(トーションビームアクスル)を考える──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第30弾

シボレー・コルベット 強大トルクを受け止めるアルミ+樹脂パネルの先鋭ボディを見る

BMW M のフラッグシップ新型M8が積むV8ツインターボエンジン、625psのS63B44型

361件中 21-40件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る