テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

テクノロジー 173件


ハイブリッドは新しい技術ではない? シリーズ式、パラレル式、THS

可変機構の最終兵器・可変圧縮比機構の難しさ

スマン、ジムニーのパートタイム四駆ってなんのことか教えてくれ。

三菱製に非ず、ルノー・トゥインゴに搭載される3気筒RR用エンジン──H4D

新世代ジャガーの屋台骨、自社開発の4気筒ディーゼルエンジン──Ingenium

マスタングへの搭載からスタート。狙うのはきわめて順当な高効率化──2.3 EcoBoost

メルセデスのディーゼルと言えばコレ。CからVまでを担うオールラウンダー:OM651

世界の度肝を抜いた2.2ℓの単なる縮小に非ず。小排気量版として最適化を施したSKYACTIV-D 1.5。

デュアルクラッチ、ツインクラッチ? トルコンATとかさらにはCVTとか……2ペダルトランスミッションの構造

トルコン? クラッチ? モーター? 大きくて重たいクルマをスムーズかつエレガントに走らせ始めるための工夫

縦横無尽。V6代替としての役目も担うトヨタの中排気量4気筒エンジン トヨタ ARシリーズ

直列6気筒、満を持して復活。その理由とは? まずはSクラスから搭載

2秒間はあるはずのターボラグはどこへいった?──ダウンサイジングパワートレインの制御方法

新開発のMT、iMTとは? トヨタ・カローラスポーツの1.2ℓターボには、6MT仕様があるのだ!

唯一無二の自動車用2気筒エンジン。フィアット500のツインエア

可変容量ターボチャージャを使用するポルシェのフラットシックスターボ

EV(電気自動車)は本当に環境問題への最終解なのか? EVの熱効率はどうなのか?

希代の名機・N55をBMW-Mがリファインするとどうなるか──S55

圧縮着火の超希薄燃焼を火花点火でアシストする──MAZDA SKYACTIV-X

「このエンジンはトルクがあるね」──それって本当にトルク? もしかすると馬力?

173件中 21-40件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る