テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

テクノロジー 202件


電気仕掛けのエンジン。48V化、電動スーパーチャージャーでエンジンはどう変わるか?

ディーゼルエンジンは超精密機器。その排出物と処理方法を考えてみる

ジュリア、ステルビオ、ジープ……米伊それぞれの思惑が一致したターボエンジン──GME Turbo Multiair

究極の効率化・モジュラー設計のBMWディーゼル──B37/B47/B57

あえてスクエアとしたスバル・ボクサーエンジン──FA series

よくわからない?プラグインハイブリッド(PHEV)とレンジエクステンダー(REX)

夢を現実にしてしまったアウディ:e-tron Vision Gran Turismo

ホンダS660のA型からN-BOXのB型で大刷新を図った軽自動車用エンジン:S07

トヨタのハイエンドパフォーマンスユニットはツインターボで武装:V35A-FTS

ハイブリッドは新しい技術ではない? シリーズ式、パラレル式、THS

可変機構の最終兵器・可変圧縮比機構の難しさ

スマン、ジムニーのパートタイム四駆ってなんのことか教えてくれ。

三菱製に非ず、ルノー・トゥインゴに搭載される3気筒RR用エンジン──H4D

新世代ジャガーの屋台骨、自社開発の4気筒ディーゼルエンジン──Ingenium

マスタングへの搭載からスタート。狙うのはきわめて順当な高効率化──2.3 EcoBoost

メルセデスのディーゼルと言えばコレ。CからVまでを担うオールラウンダー:OM651

世界の度肝を抜いた2.2ℓの単なる縮小に非ず。小排気量版として最適化を施したSKYACTIV-D 1.5。

デュアルクラッチ、ツインクラッチ? トルコンATとかさらにはCVTとか……2ペダルトランスミッションの構造

トルコン? クラッチ? モーター? 大きくて重たいクルマをスムーズかつエレガントに走らせ始めるための工夫

縦横無尽。V6代替としての役目も担うトヨタの中排気量4気筒エンジン トヨタ ARシリーズ

202件中 41-60件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る