テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

テクノロジー 248件


マツダのSKYACTIV-Xも、トヨタの新エンジンもそう! 速く燃やすとなぜいいのか。薄くするためにはどうしたらいいのか。

マツダのSKYACTIV-Xとは何が優れているのか?

ボクスター&ケイマンの4気筒ボクサーエンジン

フォルクスワーゲン:仮想通貨アイオタ(IOTA)と、自動運転車のソフトウェアの無線更新を実証

ドイツのエンジン屋・BMWが仕立てた新世代4気筒モジュラーエンジン:B48

SKYACTIV唯一の縦置き型(ロードスター用)をラインアップ:MAZDA P5 series

タイプRにもターボエンジンを:HONDA K20C

マツダのSKYACTIV-G(スカイアクティブG)のリクツとツクリを考える

デンソーの技術が農業へ!ハウス内の環境制御システムが未来を創る

トヨタ・ミライのDNAを持つFC小型トラックが来春より都内のセブンイレブンに商品を配送! そのメカニズムは?

バルブを開きっぱなしにしてせっかく吸った空気を戻してしまう?──ミラーサイクル

夢の機構、可変圧縮比エンジン:日産KR20DDT VC-Turbo

スバルFB型:ロングストローク化されたスバルの大黒柱、新型フォレスターも搭載

効果は同じ? 違いは呼び名だけ? ではないアトキンソンサイクルとミラーサイクル トヨタはアトキンソン、マツダはミラー

フェラーリの主力となるV8ダウンサイジングDIT、2018年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞

アウディRSが搭載する伝統の5気筒、2018年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞 TT RS/RS3

トヨタGRエンジン:直噴&ポート噴射併用“D-4S”の嚆矢、アルファード/ヴェルファイアも採用

トヨタZRエンジン:HEV用もラインアップするトヨタの中核エンジン プリウス/C-HR/ノア・ヴォクシーetc.

フォルクスワーゲンVR6:奇異に見えるがすべてが理詰め。コンパクト化と出力を両立させる。

日産セレナe-POWER ノートe-POWERと同型モーターながら出力25%アップできた理由

248件中 121-140件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る