MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニューモデル

前例なきプロジェクトに挑んだ、ホンダ開発者、熱情の日々。 圧倒的性能!ホンダ新型2気筒、CBR250RRの舞台裏に迫る!![4/5]

  • 2017/07/03
  • モト・チャンプ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
オートメーション化が進む一方、「樹脂金型」の仕上げ加工作業は人の手で行われる。この荒仕上げの後、ペーパーを何日もかけて滑らかに磨き上げ、ボディの土台が形成されていく。

新型CBR250RRは、選び抜かれた精鋭のみが生産を担当する

■日本での発売開始は5月12日でしたが、こちらインドネシアではいつから販売されているのですか?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
井沼:2016年の11月から販売しています。


■また販売開始まで長かったですね。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
井沼:突き詰めたのは開発だけでなく、製造過程においても同様でした。なにせブランディング上トップエンドのクルマですから、繊細でシビアな生産管理が求められました。


■まるで熊本の工場で作られるRC213V-Sのようですよね。あんなふうに作るのはインドネシアでは新型CBRだけですか?
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
井沼:もちろんそうですし、専用のラインを作ったほかに50名のエキスパートを選び抜いて生産にあたっています。


■インドネシア工場の全従業員何名中の50人ですか?
-----------------------------------------------------------------------
井沼:2万3000人のなかの50名です。高品質な車両、それを作るエキスパートの仕事をそばで見ることで、ほかの量産車ラインにいる従業員たちの意識も上がっています。

同時に地場のサプライヤーさん(部品等の納入業者、製造パートナー会社)にも高品質なものを求め、結果その技術レベルも上がりました。つまり、インドネシア全体の工業品質がレベルアップしたということです。これがどういったことにつながるかというと、インドネシアの内需拡大だけでなく周辺国にも負けない輸出競争力も身に付けられるようになったのです。

一般のお客様には関係のない話ですが、インドネシアで仕事をさせていただいている者として何とかこの国の繁栄に寄与したい、そんな思いもこの新型CBRには込められているんです。

完成車の最終チェック行程。ご覧のとおりインドネシア仕様には「レプソル」カラーも限定生産されている。
■ちなみに新型CBRのインドネシアでの年間販売台数って、計画値でどれくらいですか? またお値段は?
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
井沼:目標2万台で、販売価格は日本円で60万円弱でしょうか。


■インドネシアで60万円弱というと、相当高価なバイクですよね?(ちなみに、ジャカルタで働く中間層の平均月収は日本円で7~10万円といわれている)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
井沼:はい。ですから予約販売の時点で申し込みいただいたお客様のほとんどは、いわゆる富裕層の方々で、普段乗っている大型バイクのほかに買い増しいただいたカタチです。特徴的だったのは、その時点ではまだ価格がはっきりしておらず、「だいたいこのくらい」としか発表できなかったんですが、それでも予約される方が多くいらっしゃった。お金持ちだからと言ってしまえばそうなんですが、ある意味商品性や唯一無二な価値を感じていただいたからだと思っています。


■ちなみに井沼さんは、インドネシアに赴任する前はどこにいらしたんですか?
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
井沼:本社にいました。直前の3年間は事業企画室の室長として1年、二輪営業部長を2年務めました。そのときにさっきの「CBR、どうすんだ?」といった議論をしていたんですが、結論がなかなか出ず、宿題として残ってしまった。で、こちらに着任して自ら手を挙げたという格好です。


■思いがカタチになったと言うのは簡単ですが大変な道のり。そういった意味ではアジアロードレース開幕戦でなんとかデビューウィンを飾りたいでしょうね?
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
井沼:それはもちろんです。そしてこの新型CBRがキッカケでホンダのスポーツバイクに対するみなさんの見方が変わって、10年後にみなさんから「新型CBRからホンダは変わったね」って言ってほしいなと思っています。※2017年3月31日取材。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ