MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. テクノロジー

モリタ 使用下限温度-20℃まで対応可能とした泡消火薬剤を開発 消防車の進化に合わせて、消火薬剤も進化している

  • 2017/06/06
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
モリタのミラクルフォームα+(PLUS)

株式会社モリタは、CAFS(キャフス)消防車用の泡消火薬剤「ミラクルフォームα+(PLUS)」を開発。消火薬剤も、消火性能だけでなく、環境面に配慮する必要があるのだ。

株式会社モリタ(本社:兵庫、代表取締役社長:尾形和美)は、A火災用泡消火薬剤の使用下限温度を従来の-10℃から、国内初となる-20℃まで対応可能とする型式(消防法)を取得し、今年度より販売を開始した。

CAFS(キャフス)消防車用に搭載されるA火災用泡消火薬剤「ミラクルフォームα+(PLUS)」は、従来品と同様、主成分の界面活性剤は植物性油脂を原料とすることで環境面に配慮するとともに、淡水だけでなく海水でも十分に発泡性能を有する画期的な商品である。

CAFS 消防車に使用されるA火災用消火薬剤は、「環境にやさしい」をコンセプトに2007 年に混合濃度1%の淡水使用専用として開発。その後、2011 年に発生した東日本大震災において、現地消防からの「海水でも発泡する薬剤」という要望に応え、混合濃度は1%と変わらず、海水でも十分に発泡できる泡消火薬剤へとモデルチェンジした。

そして今回、新たに使用温度の下限値を-10℃から-20℃に下げることで寒冷地域においても安心して使用できる泡消火薬剤「ミラクルフォームα+(PLUS)」を開発し、今年度のCAFS 消防車の納入分より搭載した。

CAFS(キャフス)消防車の技術の進化に伴い、消火薬剤も、その技術は進化しているのだ。
同社は、今後もさらなる技術革新に推進していく。

■ 泡消火薬剤「ミラクルフォームα+(PLUS)」の特徴
・国家検定合格品
・使用温度範囲-20℃~+30℃
・海水・淡水でも十分に発泡し、災害時に水利を選ばない
・水を無駄なく有効活用できるのはもちろん、天然成分由来の原料である界面活性剤を使用しているため、環境にやさしく、消泡も速いので鎮火後の現場検証などもスムースに行なえる
・水と変わらない飛距離を持ち、延焼物への浸透がよく、再燃を防止する効果が高い
・水蒸気の発生が少ないので視界を遮らずに消火活動ができる
■ 泡消火薬剤「ミラクルフォームα+(PLUS)」の諸元
種 別 泡消火薬剤
型 式 合成界面活性剤泡(A火災用泡消火薬剤) 1%(-20℃~+30℃)
使用温度範囲 -20℃~+30℃
型式番号 泡第28~2 号
組 成 界面活性剤、可溶化剤、防腐剤、水
内容量 20 リットル
容 器 ポリ缶
推奨する使用期限 4 年
標準販売価格 21000円(税別)

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ