MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. レヴォーグ

最新の先進安全技術を採用し、渋滞時を含む全車速域で運転負荷を軽減 SUBARU「アイサイト」を大幅進化、新機能「ツーリングアシスト」を搭載

  • 2017/06/19
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
現状では、速度とコーナーのRの大きさでアシストだけでは曲がりきれない場合ある。あくまでもドライバー支援技術なのだ。

<b>アイサイトの主な機能</b>

<b>・プリクラッシュブレーキ</b>
衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止する。前方車両との速度差が約50km/h以下なら衝突回避、または被害を軽減する。

<b>・全車速追従機能付クルーズコントロール</b>
高速道路や自動車専用道路で、0km/h~約120km/hの広い車速域で先行車に追従走行。

<b>・後退時自動ブレーキシステム(スバル国内仕様初)</b>
後退時、車体後部に内蔵されたソナーセンサーが障害物を検知。衝突の可能性がある場合は、警報音と警告表示で、段階的に注意を喚起する。回避操作がない場合は自動的にブレーキをかけ、衝突回避または被害を軽減する。

<b>・AT誤発進&誤後進抑制制御</b>
駐車スペースから出る時などの、シフトレバーやペダルの誤操作による急な飛び出しを抑制。「発進」だけでなく「後進」への対応も実現している。

<b>・警報&お知らせ機能</b>
自車のふらつき(高速走行時・約60km/h以上)や車線逸脱(約40km/h以上)を検知した場合、警報音と警告表示でドライバーに注意を促す。また、先行車の発進に気づかず停止状態のままでいる場合には、ボイスインフォメーション(アナウンス)と表示でドライバーに知らせる。

<b>・車線逸脱抑制</b>
ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識。自動車専用道路などを約60km/h以上で走行している場合、車線からはみ出しそうになるとステアリング操作のアシストを行い、車線からの逸脱を抑制。安全運転をアシストする。

<b>・ツーリングアシスト(SUBARU初)</b>
「全車速域追従機能付クルーズコントロール」と「車線中央維持」を組み合わせることで、0km/h~約120km/hの幅広い車速域で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動制御する。スバル独自のステレオカメラによる区画線と先行車のふたつの認識情報を併用することで、リアルワールドの幅広いシーンで安定した動作を実現。また従来の高速域だけでなく極低速域でも作動することで、運転負荷の大幅な軽減を実現した。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ