Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. アルトワークス

しなやかさとダイレクト感を両立する“アシ” 〜プロスペックネオ・ライントレース〜 【アルトワークス チューニング最前線~その7~】シュピーゲル

  • 2017/08/03
  • HYPER REV編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

チューニングベースとして大ブレイクしているスズキ・アルトワークス。その最新例となるデモカーを短期連載でご紹介します。

第7回目は、ロープライスな車高調のパイオニアとして多くの軽自動車オーナーに支持されるシュピーゲルの、間もなく完成予定のアルトワークス用車高調です。

ダンパーの基本性能が高いとの評判で、スプリングなどを変更しサーキット走行に使うユーザーも多いシュピーゲルの車高調。近年、軽自動車レースが全国的に盛り上がっていることもあり、より走りに振ったモデルを求める声が多くなってきました。

すでにHA23型アルト用をラインナップしている「プロスペック・ライントレース」ですが、待望のHA36型アルトワークス用の開発に着手。近日中のリリースを目指し、現在、ミニサーキットを中心に開発テストが重ねられています。

足まわりだけでなく、ボルトオンで装着可能な補強パーツにも力を入れているシュピーゲル。「アルトワークスは非常に面白い素材ですので、サスペンションだけにとどまらず、マフラーやインテーク系のアイテムも開発していく予定です」(広報担当・逸見さん)とのこと。今後の展開からも目が離せません。

プロスペックネオ・ライントレースは、ハードな走りに耐える本格的な車高調。今のところ、フロントのアッパーマウントには調整式のピロボールが採用されていますが、より高い剛性感を求め固定式のピロボールに変更する可能性もあるとのことです。

その価格も魅力。レース仕様と謳う「プロスペック・ライントレース」も同様で、開発中につき価格は未定ですが12万円程度の設定になるのではと予想されます。

専用設計のフロアマット。カーペットのカラーは黒で、縁は全15 色のなかからセレクトできます。シュピーゲルのロゴも刺繍されています。

モノコックバー・フロント、モノコックバー・センターA/B、モノコックバー・リア、リアピラーバー・スクエア(写真)、ロアアームバー、フロアサポートバーといったボディ補強パーツもデリバリー中。室内に取り付けるアイテムは、後方の視認性や居住性を犠牲にしないよう配慮されています。

☆当デモカー及びパーツの最新情報は:
Spiegel(シュピーゲル) 
http://www.spiegel.co.jp/

ハイパーレブ vol.220『スズキ アルトワークス』

☆大変お待たせしました!☆
ハイパーレブ vol.220『スズキ アルトワークス』絶賛発売中!

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ