MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/08/19
  • 遠藤正賢

ジャガーI-PACEコンセプトが北米コンセプト・カー・オブ・ザ・イヤー最優秀賞を受賞!

2018年後半市販化予定のジャガー初となるEVミドルサイズSUV

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャガーI-PACEコンセプト
イギリス・ジャガー・ランドローバーは8月2日、2018年後半市販化予定のジャガー初となるEV(電気自動車)ミドルサイズSUV「I-PACE(アイ・ペイス)コンセプト」が、第16回北米コンセプト・カー・オブ・ザ・イヤーで「Most Significant Concept Vehicle of 2017」を受賞。さらに全体の最高得票を獲得し「Production Preview Concept of the Year」も受賞したことを発表した。

この賞は、アメリカ・カリフォルニア州で開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で発表され、自動車業界の方向性を示すことで知られており、20人以上の審査員によって、ロサンゼルス、デトロイト、シカゴ、トロント、ニューヨークの各モーターショーで発表された計24台のコンセプトカーから投票で選ばれる。

審査員のアシュリー・クナップ氏は、I-PACEコンセプトの美しく未来的なデザインを「自動車技術におけるランドマーク」と評価。同じく審査員のローレン・フィックス氏は、「ジャガーはこれまであらゆる方法でブランドを成長させてきたが、このI-PACEコンセプトは新しい方向性を示している」とコメントしている。

ジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏

そして、ジャガーのデザイン・ディレクターであるイアン・カラム氏は、以下のように同賞受賞の喜びを表現している。

「我々の挑戦は、ひと目で間違いなくジャガーだとわかる、そして実用的であることはもちろん視覚的にもドラマチックなEVをデザインすることだった。I-PACEコンセプトで見事にこれらを実現し、美しくかつ魅力的なEVとして、トレンドの最前線にあると自負している。審査員の皆様には我々の努力を評価していただき、第16回北米コンセプト・カー・オブ・ザ・イヤーにI-PACEコンセプトを選出いただいたことを大変誇りに思い、そして嬉しく思う」

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る