MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−8

効率を追求しながらスタイリッシュなSUVデザインと3列とも快適な室内空間を両立 【マツダCX-8・諫山慎一チーフデザイナーインタビュー】シンプルなスタイルの中に日本らしい繊細な造形美を

  • 2017/09/30
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダCX-8の諫山慎一チーフデザイナー

従来のミニバンに代わる存在として9月14日にデビューした、マツダの国内市場向け最上位SUV「CX-8」。弟分の「CX-5」に加え、北米市場向け「CX-9」とも共通点の多いCX-8における、デザインの狙いとは。諫山慎一チーフデザイナーに聞いた。

マツダCX-8のリヤまわり
マツダCX-9のリヤまわり
マツダCX-8のフロントまわり
マツダCX-5のフロントまわり

--CX-8にはCX-5およびCX-9との共通点が多く見られますが、具体的なポイントは?

諫山 まずリヤはコンビランプがCX-9と同じで、フロントドアより前はCX-5と共通です。ただし、フロントグリルのデザインは変更しています。


マツダCX-8の運転席まわり
マツダCX-5の運転席まわり

--インテリアはどうですか?

諫山 インパネのアッパー側をCX-5と共用していますが、センターのエリアはCX-8オリジナルの形状です。ドアトリムは、フロントはCX-5と共通ですが、リヤドアは長さが違いますのでオリジナルです。シートはアレンジが全く違いますので、3列とも専用品です。

マツダCX-8の3列シート
マツダCX-5の前後シート

--コストの面以外で、CX-5およびCX-9と共通のものを使用した狙いは?

諫山 デザイン表現の統一感を持たせることに加え、日本の中で1840mmという全幅は我々独自の、使い勝手の良い数値としてCX-5の時に決めたのですが、CX-8でも同じ数値にしましたので、効率的な面を考えました。それがデザインとして何の破綻もなく、一目見た時には全く違うクルマの魅力を発するようにしましたので、結果として同じ部品を使っています。我々にはそれほど潤沢な資金を持ってはおりませんので、積極的に同じ部品を使ったというわけではありませんが、そういった効率の部分を考えながらデザインしました。

マツダCX-9のフロントまわり
--CX-5およびCX-9とは異なる、CX-8ならではのデザイン表現のポイントは?

諫山 CX-9はアメリカ大陸で、大自然の雄大さの中、隣のレーンを超巨大なトレーラーが走るのに負けないような存在感が、アメリカ市場ではCX-9のクラスのSUVに必要不可欠な表現なんですね。ですので、あの造形をあのテイストのまま日本に持ち込むと、ちょっとデザインが強すぎますし、サイズも大きすぎます。そのため、デザインを見直しています。

マツダCX-5のリヤまわり
そして、せっかくやり直すのであれば、日本市場に合わせてちゃんとデザインをし直したい。それは、CX-5の時に使った手法と基本的に同じなのですが、よりシンプルなスタイルにしています。その中に繊細な造形を織り交ぜることで、ピュアでシンプルながら味わい深い、日本らしい造形美の考え方を採り入れています。

水平のラインが多用されたマツダCX-8のリヤ正面
リヤも、極力水平のラインを使いながら、単純にプレスラインをつなぐのではなく、面の張りや削げの部分に日本的な造形美、味わい深さや趣(おもむき)、光と影のニュアンスを意識して採り入れています。

マツダCX-8のサイドビュー

--特にサイドから見た時の伸びやかさが、CX-5などと違うように思えたのですが…。

諫山 伸びやかでありながら、キャビン(サイドウィンドウを含む上側)もあまり大きく見せないようにして、ボディ(サイドウィンドウより下側)とのコントラストを取ったりして、何か一つではなく全部のバランスを、最高に気持ちいい状態にしようとしています。CX-5をただ伸ばしただけでは、ちょっとダックスフントのようになってしまいますが、そうならないように、CX-8として完成したデザインを構築するのが、非常に難しいところでしたね。

逆反りの面構成を持つマツダCX-8のルーフレール
それがこのウィンドウグラフィックだったり、このルーフレールの部分も、実は逆反りになっています。非常に細かい所ですが、我々にとっては非常に大事な所で、他のクルマがこの手法を採り入れているか、ぜひ見比べていただきたいですね。このラインがうっすら入ることで、光と影、リフレクション(反射)が、キャビンを斜め後ろから見た時に軽く見える。ですがパッケージ自体は犠牲にしていない。そういったこだわりの造形を様々な所に、隠し味のように盛り込んでいます。

広大な室内空間とスタイリッシュな造形を両立させたマツダCX-8のリヤキャビン
--CX-8では室内空間の要件が非常に厳しかったと思いますが、そういった処理を入れることで、外からはあまりルーミーには見えないようにしたのでしょうか?

諫山 1BOXミニバンではもっと四角いデザインになりますが、CX-8はスタイリッシュなSUV、だけど3列目もちゃんと人が座れる。そこを驚きの要素として作り込みたかったんですね。ですのでリヤは、広い荷室として使っていただいてもいいですし、そういう方でもいざという時に3列目があるとないとでは大違いです。もしくは、今はミニバンに乗っていますが、走りやスタイリングを我慢している、本当はもっと自分で積極的に選んだクルマという理由が欲しい、そういった方々に響くクルマになってほしいと思っています。

--CX-8を日本以外で販売する計画はありますか?

諫山 現時点ではありませんが、検討はしています。

マツダ・プレマシー
マツダ・ビアンテ

--日本市場でのみ販売するのであれば、プレマシーやビアンテからの代替を狙うとなると、特に価格の面で厳しくなるという印象があります(CX-8の価格は3,196,800~4,190,400円)。CX-8よりも下のクラスで3列シートのSUVを作りたいというお考えはありますか?

諫山 個人的には、ありません。これ以上小型になると、3列目が完全に補助席のようになります。それは、すでに存在する価値ですから、積極的に作ろうということにはならないですね。

マツダCX-8のフロントマスク
--プレマシーやビアンテを所有しているユーザーへメッセージを。

諫山 きっと長く乗っていただいているお客様は、何かしらマツダのクルマに愛着を持っていただいていると思いますが、CX-8はプレマシーやビアンテと全く同じ価値観ではありません。全く新しいクルマですが、ぜひ一度手に取って、試乗していただいて、最新のマツダの考え、3列シートの新しいスタイルをお試しいただきたいと思います。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ