MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. インプレッション

SOFTAILに新型が8車種登場 【ハーレーダビッドソン】加速に磨きがかかった新型「SOFTAIL SLIM」試乗レポート

  • 2017/10/08
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

実際の車重は304㎏。それを感じさせないスムーズさ、そしてチョッピリ俊敏さを増した乗り味が実に新鮮。従来の乗り味からイメージさせる堂々と穏やか(悠長)に乗るハーレーらしさとは少し異なるリズム感だが、印象は悪くないし扱いに手ごわさがない。
もちろん好き嫌いを左右する部分でもあるだろう。ただ、最近の高齢者ライダーの声を聞くと、大きいバイクは扱いが重く感じられるようになり少し小さい(軽い)のに乗り換えようかなとの賢い弱音を吐く人も多い。

ハーレーは好きだけど、何か別の物にと諦めようとしている人がいたとすれば、軽い乗り味の新型を選択すれば、もう一度好きなハーレーを満喫し続けることができるだろう。
(REPORT:近田 茂)

相変わらずハーレーダビッドソンならではの鼓動感を披露するVツインエンジン。1745ccのミルウォーキーエイト107だ。
このエンジンはデュアルイグニッション式。つまりスパークプラグは4つある。Vバンクに挟まれた位置に点火コイルを設置。
太くストレートに伸びた2段重ねの右出しツインマフラーが壮観。
前後ともファットなイメージの16インチタイヤ。スポークホイールでチューブ入りのバイアスタイヤをマッチ。
トラス形状のスイングアーム。一瞬リヤリジッドに見間違うデザイン。駆動は静かでクリーンなベルトドライブ方式だ。
シート下に隠れていたリヤのモノショック。専用工具を使って、7段階のイニシャル調節が可能。他のモデルでは手動ダイアルアジャスター付きもある。
リング状の昼間用ラインライトもあしらった個性的デザイン。LEDならではの斬新なフロントマスクを魅せる。
黒く仕上げられたバーハンドルのブリッジは微妙にアールを付けたこだわりのデザイン。
例によってタンクのトップエンドに位置するメーター。左手スイッチ操作によるモード切り換えで回転計や時計表示もチョイスできる。
やや固めながらスペースの広いシングルシート。身長170cmの記者の場合、腰を引くとハンドルまでが遠い。
シート高は僅か660mm。ご覧の通り足着き性は抜群。両足でベッタリと地面を捉えることができ、安心感がある。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ