MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

699,840円〜 ライバルよりも25kgも軽い「新型ニンジャ400」国内発売は2月1日に!

  • 2017/12/25
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライバル・ホンダCBR400Rとはココが違う!

Ninja 400のライバル車といえば、同じ水冷4ストローク2気筒400ccエンジンを搭載したスポーツモデル、ホンダCBR400R。両モデルの主要諸元を比べてみると、Ninja 400のパワフルさやコンパクトさ、軽量な車体であることが確認できる。

カワサキ Ninja 400

全長×全幅×全高:1,990mm×710mm×1,120mm
ホイールベース:1,370mm
シート高:795mm
車両重量:167kg
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ2気筒
最高出力:48ps(35Kw)/10,000ppm
最大トルク:3.9kgm(38Nm)/10,000rpm

ホンダ CBR400R

全長×全幅×全高:2,080mm×750mm×1,145mm
ホイールベース:1,410mm
シート高:785mm
車両重量:192kg(ABS装着車は194kg)
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ2気筒
最高出力:46ps(34Kw)/9,500ppm
最大トルク:3.8kgm(37Nm)/7,500rpm

■Ninja 400(KRT Edition)主要諸元■
全長×全幅×全高:1,990mm×710mm×1,120mm
軸間距離:1,370mm
最低地上高:140mm
シート高:785mm
キャスター/トレール:24.7°/ 92mm
エンジン種類/弁方式:水冷4ストローク並列2気筒/DOHC4バルブ
総排気量:398cc
内径×行程/圧縮比:70.0mm×51.8mm/11.5:1
最高出力:35kW(48PS)/10,000rpm
最大トルク:35N・m(3.5kgf・m)/8,000rpm
始動方式:セルフスターター
点火方式:バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式:ウェットサンプ
エンジンオイル容量:2.3L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
トランスミッション形式:常噛6段リターン
クラッチ形式:湿式多板
一次減速比/二次減速比:2.218(71/32)/2.928(41/14)
フレーム形式:トレリス
懸架方式:
(前)テレスコピック(インナーチューブ径φ41)
(後)スイングアーム
タイヤサイズ:
(前)110/70-17M/C 54H
(後)150/60-17M/C 66H
ホイールサイズ :
(前)17M/C×MT3.00
(後)17M/C×MT4.00
ブレーキ形式:
(前)シングルディスク 310mm(外径)
(後)シングルディスク 220mm(外径)
ステアリングアングル(左/右):35°/ 35°
車両重量:167kg
燃料タンク容量:14L
乗車定員:2名
最小回転半径:2.5m
本体価格:
699,840円(メタリックスパークブラック)
716,040円(キャンディバーントオレンジ×メタリックマグネティックグレー)
KRT Edition(716,040円・ライムグリーン×エボニー)

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ