MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

メーカー希望小売価格:1,350,000円 すでに入手困難の噂も?「Z900RS CAFE」3月1日発売

  • 2018/02/03
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
カワサキらしさを前面に押し出したヴィンテージライムグリーン。
レトロなスタイルにもよく似合うパールストームグレー。

Z900RSとの違いはココ!

まずはカラーリング&グラフィックの変更。Z900RSカフェには「カワサキカラー」としてもお馴染みのライムグリーンを採用。また渋みを効かせたグレーもラインナップ。そしてマシンのイメージをガラリと変えるフロントカウルを装着。これにより、スタンダードとは一線を画すオリジナリティに溢れたスタイリングに仕上げている。

写真はベースマシンのZ900RS。
Z900RSカフェとZ900RSのポジションの違い。

ハンドルは"カフェレーサー"をイメージしたローポジション仕様(ブラック塗装)。スタンダードに比べてやや戦闘的なポジションに設定されている。シートはカフェレーサースタイルの段付きシートをチョイス。マフラーボディーカバー、エキゾーストパイプカバー、サイレンサーにはヘアライン仕上げを実施、短縮したミラーステー、ヘッドライトハウジング上部に専用デカールを採用、エンジンカバーに専用エンブレムを装備するなど、カスタム度を大幅にアップさせているのも見逃せないところだ。

Z900RSカフェ・Z900RS共通の注目ポイント

Z1からインスピレーションを受けたティアドロップ型のフューエルタンクやエンジンカバーをはじめ、テールカウル、ホイール、ボルト類に至るまで、随所に"Z"ならでわのこだわり盛り込まれたカワサキ渾身の一台。 エンジンはカワサキZ伝統の並列4気筒を搭載。低中速回転域でのトルクを重視した特性で、パワーと扱いやすさを高い次元で両立している。エンジンカバーはすべてアルミダイキャスト製で高級感を演出。特有の光沢を放ち美しさを際立たせているのが特徴だ。

足周りも充実。フロントにはスポーティーなφ41mm倒立型フォーク、リヤには贅沢なホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンションを装備し、高いスポーツ性と快適性を獲得。フロントブレーキはコントロール性に優れたラジアルマウント型ディスクブレーキを装備するなど、強靭な足周りに仕上げられている。

また、安定した車体の挙動維持をサポートするカワサキ・トラクション・コントロール(KTRC)、マルチファンクション液晶パネル、LEDヘッドライト、標準装備されたETC2.0車載器キットなど、先進のテクノロジーや高性能な装備を多数採用。ストリート走行、ツーリング、スポーツ走行など、様々なシーンで魅力を発揮してくれるはずだ。

関連キーワード

Z

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ