Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. アルテオン

VWアルテオンに乗ると、ドライバーが知的に見える!? 【アルテオンR-Line 4MOTION Advance試乗記】

  • 2018/02/09
  • MotorFan編集部 西内 辰夫
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段の生活に彩りをプラスする、魅力的なクルマ

R-Line 4MOTION Advance は、20インチホイールを履く。
試乗の合間にアルテオンのカタログを見ていたら、こんなコピーがあった。

「TSI、DSG、4MOTION。280馬力、7速、4駆。」

そう、アルテオンは、VWが持つ先進テクノロジーを満載したフラッグシップモデルなのである。直列4気筒DOHCターボエンジンは280psを発生し、必要にして充分なドライビングを約束してくれる。7速DSGは、ドライバーに意識させることなく自然に、そして適切にシフトチェンジを行う。

4MOTION、すなわちフルタイム4WDは今回の試乗コースではあまり実感することができなかったが、ホイールスピードやステアリングアングルなどのパラメーターを分析して理想的な駆動トルクを計算、瞬時に前後輪へ配分するものだ。また、発進・加速時には、後輪へのトルク配分を増加させるなど、あらゆる走行シーンでスムーズかつ安定した走りを実現するという。

フロントグリルには、スポーツモデルの証であるR-Lineのエンブレムを装着。
また、この4MOTIONは、突然の積雪やウインタースポーツを趣味とする人にはスタッドレスタイヤと組み合わせることで「どこまでも走れる相棒」になる。

このほか、環境テクノロジーであるBlueMotion Technorogy、最先端のインターフェイスを取り入れたVW純正インフォテイメントシステムDiscover Pro、最先端のアクティブセーフティ技術や運転支援システムなどを標準装備する。

アルテオンのカタログには、こんなコピーもあった。

「着飾りません、フォルクスワーゲンですから。」

「アルテオン」という未来的なネーミングにも好感が持てる。
これみよがしではない、潔さがアルテオンには存在する。日本国内モデルは「R-Line」というスポーティグレードのみだが、ここにもまた潔さがある。フォルクスワーゲンというブランドイメージにプラスして、アルテオンには良いモノ感が漂っており、ステアリングを握るドライバーのIQも一段と高く見えそうだ。

ライバルのようなギラギラ感がない。これこそが、アルテオンの個性なのではないか。「次のクルマはどうしよう?」と悩む大人こそアルテオンを選べば、普段の生活に間違いなく彩りがプラスされることだろう。

●フォルクスワーゲン・アルテオン R-Line 4MOTION Advance
全長×全幅×全高:4865×1875×1435mm ホイールベース: 2835mm 車両重量:1700kg エンジン:直列4気筒DOHCターボチャージャー 排気量: 1984cc 最高出力: 280ps/5600-6500rpm 最大トルク:350Nm/1700-5600rpm トランスミッション:7速DCT フロントサスペンション:マクファーソンストラット リヤサスペンション:4リンク フロントタイヤ:245/35R20 リヤタイヤ:245/35R20 駆動方式:AWD 価格:599万円

【初試乗】新たなる”プレミアム”グランツーリズモ「VWアルテオン」

599万円のフォルクスワーゲンは成功できるか? 新型アルテオンは文句なしにスタイリッシュ

ニューVWアルテオンの「アクティブ・ライティング・システム」

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ