MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. カジャー

都会的でスタイリッシュ! パリが生んだ最新SUVが日本上陸 隠れた大本命? ルノー・カジャーがお買い得!【試乗記】

  • 2018/04/10
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加

峠道における意外な身のこなし

都会的なデザインだが、そこはやはりクロスオーバーSUV。こうして湖畔で佇むのも実に絵になる。
 ドアを開けてドライバーズシートに乗り込む。腰を下ろすというより、直立状態から横に平行移動すればそこに座面があるという感覚で、車高の低いスポーツカー好きの筆者も、ここはSUVならではの美点だと改めて認識させられる。コアなクルマ好きはともかく、乗り降りのしやすいこちらのほうが一般的には好ましいと感じられるだろう。

 走り出してみると、最新SUVの例に漏れず、とくに背高であることを意識する必要はなく、サルーンやハッチバックと同じ感覚で運転できる。低回転域から十分なトルクを発生するエンジンとDCTの相性も良く、とくにストレスに感じる部分がない。

 ゲトラグ社から供給されるルノーのDCTは、出始めの頃はまるでステップAT(トルコン式とも呼ばれているコンベンショナルなAT)のような味付けで、滑らかではあるもののダイレクト感に欠ける印象だったが、ここへきてルノー側の制御がこなれてきたのか、よりダイレクト感を主張するようになってきた。かといってショックが目立つわけでもなく、DCTらしい鋭い変速を素直に味わえるようになったのだ。

 試乗会場の近くに筆者がよく知るタイトな峠道があったので、カジャーには不似合いと思いつつも足を踏み入れてみたのだが、意外や軽い身のこなしを披露してくれたのはうれしい誤算だった。カジャーは欧州プレミアムブランドにありがちなアジリティ(俊敏性)をことさらに強調したハンドリングではなく、ほどよく落ち着いた振る舞いを見せるが、おかげで過度な緊張を強いられたり、急かされるような感覚がない。

 とはいえドライバーの操作にはしっかりリニアに反応してくれるから、アグレッシブに攻めようと思えば十分に攻められる。「思った以上にスピードが出てしまった」とか「望む以上にノーズが切れ込んだ」ということがないから、正直に言うとスポーティさをウリにしているプレミアム勢よりも、よっぽどカジャーのほうが本当の意味でスポーツドライブが楽しめるのでは、と思う。

 もちろんそれはカジャーの意外な一面であって、このクルマの実力を味わうのにこんな峠道に攻め入る必要はない。前述の敏感すぎないハンドリングのおかげで、長距離ドライブでの疲労も最小限に抑えられるだろうし、高速道路における直進安定性はさすがルノーと唸らされるものだった。
 
 ただ、今どきクルーズコントロールに前走車追従機能がないのは明らかなマイナスポイントだろう。実に魅力に溢れるSUVだけに、これだけは早急な対応を望みたい。カジャーは一部の熱狂的なクルマ好きではなく、より広い顧客層を見据えたクルマであるはずだ。

クラス随一の魅力的なプライス

試乗会の会場には、ルノー・カジャーのアンバサダーに就任したトレイルランナーの上田瑠偉さんも姿を見せた。2016年、フランスのシャモニーで開催された世界最高峰のレースのひとつであるUTMBのCCC101kmで日本人最高位の2位でゴールするなど、日本のエースとして急成長中の若手選手だ。彼はこれから一年間、トレーニングやレース参戦のパートナーとしてカジャーを使い、そのインプレッションを発信していくという。上田選手のインタビューは、またあらためてMotorFan.jpで紹介する予定。
 と、まぁ実によくできたCセグメントSUVのカジャーだが、このクルマにはもうひとつ、地味ながらとっても大切なアドバンテージがある。それはお手頃な価格である。

 試しに、同クラスの主な輸入SUVと比べてみよう。

ルノー・カジャー:347万円
フォルクスワーゲン・ティグアン:363.6〜470.3万円
メルセデス・ベンツGLA:406〜808万円
BMW X1:417〜627万円
アウディQ3:369〜469万円
プジョー3008:357〜444万円

 ご覧の通り、カジャーのお買い得度の高さは明白だ。もちろん同クラスとはいえ、それぞれ装備やスペックは異なるし、このカテゴリーのクルマを求めるカスタマーにとっては値段がすべてではない。こうして値段だけを並べることに大した意味はないし、逆にデザインや走りといったカジャーの本当の魅力を見誤ることにもなりかねないが、それでも価格の話というのは購入に当たって避けては通れないもの。知っておいて損はないだろう。

 いずれにせよ、コレオス以来途切れていたルノーのミドルクラスSUVの再来は、多くの人に魅力的な選択肢と受け止められるはずだ。




カードキーは手触りのいいパネルで覆われ、なかなかの上質感を湛えている。
エンジンは直列4気筒ターボ「H5F」ユニットで、駆動方式はFFとなる。
ラゲッジスペースは5名乗車時で527Lを確保している。
6:4分割式リヤシートを倒すと、最大で1478Lとなる。
ラゲッジボードを立てることで、荷物を転がりにくくできる垂直モードとなる。
リヤシートバックはラゲッジスペース左右のレバーによってワンアクションで倒せる。

ルノー・カジャー インテンス
全長×全幅×全高:4455×1835×1610mm ホイールベース:2645mm  車両重量:1410kg エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ 総排気量:1197cc ボア×ストローク:72.2×73.1mm 最高出力:96kW(131ps)/5500rpm 最大トルク:205Nm/2000rpm トランスミッション:7速DCT サスペンション形式:ⒻマクファーソンストラットⓇトーションビーム  ブレーキ:ⒻベンチレーテッドディスクⓇディスク タイヤサイズ:225/45R19 車両価格:347万円

「世界の自動車オールアルバム 2018」4月28日(土)発売

主要メーカーはもちろん、少量生産モデルや日本未導入ブランドなど、全世界48ヵ国、261ブランドを完全網羅! アフリカ、東南アジア、東欧、中東、南米などなど、日本ではなかなかお目にかかることのできない国々のメーカーも満載されています。世界のすべてのクルマがこの一冊に! 定価1852円+税

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ