MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ボルボ > XC40 > ボルボXC40は90/60の廉価版じゃない!新プラットフォーム、CMAの第一弾 快進撃はまだまだ続く
  • 2018/04/08
  • 世良耕太

ボルボXC40は90/60の廉価版じゃない!新プラットフォーム、CMAの第一弾 快進撃はまだまだ続く

試乗インプレッション:ボルボXC40 T5 R-DESIGN 1st Edition

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボの商品ラインアップのなかではもっとも手頃なサイズとプライスのモデルが40シリーズだ。今回登場したXC40からプラットフォームを一新。まずは、上級のT5 R-DESIGNの限定車から販売が始まった。XC40、その出来はどうか?
TEXT & PHOTO◎世良耕太(Kota SERA)

その数字から想像できるように、XC40はボルボの車種ラインアップのなかで一番下に位置するモデルだ。XC60はXC90より小さいように、XC40はXC60よりも小さい。そして、無意識にそう思い込んでしまうだろうが、価格帯も一番下だ。

「90」が買えないから「60」、「60」が買えないから「40」という商品選びをボルボは想定していないし、そういう商品開発もしていない。「ライフスタイル重視」だとボルボ・カー・ジャパンは説明する。XC90がフォーマル、XC60がファミリーだとしたら、XC40はパーソナルだ。「都市生活者が自分で運転し、自己表現しながら駆け抜けていく」イメージだという。

90/60/40は上中下の関係ではないから、クルマの形も相似形ではない。XC90をベースにひとまわり小さくしたのがXC60、XC60をさらに小ぶりにしたのがXC40という作り方ではないということだ。ひと目でボルボのSUVとわかるスタイルを持ちながらも、それぞれに個性が与えられている。

わかりやすい表現はサイドのプレスラインで、XC90はフロントからリヤまで一直線に伸びている。XC60は前後が分割され、肩やももの筋肉のような躍動感を演出している。対するXC40のプレスラインはリヤでキックアップしており、明らかにエッジが効いている。

自分はフォーマルが好みだからXC90、スポーティが身上だからXC60、カジュアルに生きたいからXC40と頭で決めるのではなく、感覚に従って気に入ったモデルを選択すればいい。シリーズごとにキャラクターを作り分けてはいるが、機能や装備はどのモデルを選んでも基本的には変わらないのがボルボの特徴だ。安いクルマだから機能や装備面で我慢を強いられることはない。ただ、サイズがコンパクトなだけだ。

ボルボの新プラットフォームCMA。ボルボの親会社吉利汽車(ジーリー)も使う。

あらゆる方面でのクオリティを落とさないために、ボルボはコンパクトなモデル専用のプラットフォームを用意した。CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)であり、XC40が初採用となる。90系と60系はSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)だ。

CMAはSPAで開発した先進安全技術とインフォテインメントシステムを移植できるように設計されている。XC90やXC60と共通イメージのボルボのインテリアであり、ボルボが誇る先進安全技術をXC90やXC60と同じように享受できる(しかも標準で)。

SPAと同様に、CMAも電動化(PHEV/EV)への展開をあらかじめ織り込んだ設計だ。SPAの場合はモーターはリヤに搭載するが、CMAはフロントに搭載する。1.5ℓ3気筒ガソリンエンジンの導入も予定している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る