MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. ニュース

あいおいニッセイ同和損害保険/損害調査/自動車研究所、2018年度上期記者発表会を開催 国内損保唯一の施設で衝突実験を公開、EDRを活用した損害調査や予防安全装備エーミング研修も紹介…あいおいニッセイ同和損保[3/3]

  • 2018/05/27
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加

バンパー脱着が予防安全装備誤作動の原因に!? その対策法をAD自研が指南

予防安全装備の点検・調整を正しく行うことの重要性を説くAD自研の鈴木正恒技監

 そして、AD自研の研修事業において、ディーラー以外の整備工場や車体修理(鈑金塗装)工場などに対し、近年特に注力して研修会を開催している予防安全装備の点検・調整について、AD自研の鈴木正恒技監が講演・実演した。

 まず、超音波センサーによるパーキングアシスト機能が実装されている車両については、バンパーを軽く擦っていても、さらには別の作業で超音波センサーが装着されているバンパーを脱着しただけでも点検・調整が必要となることを説明。

 バンパー脱着後元通りの位置に超音波センサーが装着されたプリウスと、元の位置とは異なる場所に超音波センサーを装着したまま再調整を行っていないプリウスPHVとで、誤発進抑制機能とパーキングアシスト機能を使用する様子が実演された。

誤発進抑制機能が正常に作動し段ボールの前で停止したトヨタ・プリウス
超音波センサーの未調整により段ボールに衝突したトヨタ・プリウスPHV

 障害物に見立てた段ボールをそれぞれの車両の前に置いた状態で発進すると、プリウスはすぐに自動的に急ブレーキをかけ段ボールの手前で停止したが、プリウスPHVは停止せず段ボールに衝突した。

パーキングアシストが正常に作動し左へ前進したトヨタ・プリウス
超音波センサーの未調整により右へ前進したトヨタ・プリウスPHV

 また、駐車可能な位置にプリウスを横付けしパーキングアシストスイッチを押すと、左へ前進したのち右へ転舵し空きスペースに向かって正しく後退。だがプリウスPHVは左へ前進すべきところを右のゴミ箱に向かって前進してしまった。

汎用スキャンツールを用いた超音波センサー再調整の様子
再調整後の実走行テストで段ボールの手前に停止したトヨタ・プリウスPHV

 そこで、誤作動を起こしたプリウスPHVに汎用スキャンツール(故障診断機)を接続し再調整。実走行テストも行い、各超音波センサーが正常に作動することを確認した。なお鈴木技監は、スキャンツールでの再調整だけで作業を終了せず、必ず実走行テストを行い機能が正常に作動することを確認してからカーオーナーへ納車することを強く推奨している。

ミリ波レーダーのエーミングの様子
単眼カメラのエーミングの様子

 続けて、ミリ波レーダーと単眼カメラのエーミング(光軸調整・学習)も実演。いずれにおいても規定のスペースを確保したうえで調整用のターゲットを車両中心線に正対させ、さらにミリ波レーダー調整時は近くに複数のターゲットを置かない、単眼カメラ調整時はターゲットよりもコントラストが強いものを認識しないよう白い布などでターゲット後方を覆う、などのエラー回避法が紹介された。

 鈴木技監は実演後、「エーミング作業は今が旬だから必要なのではなく、予防安全装備を備えた車両の多くが3回目の車検を迎える5年後以降はもっと必要になり、ディーラーだけでは対応しきれなくなるのは確実。そのためにも、今ある技術の整備・修理方法をしっかり習得し、将来の技術に対応できるよう備えてほしい」と、整備・修理工場へのメッセージとして強く訴えている。

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ