MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

連載:オーナー目線で勝手にインプレッション 第3回『よろしく! スズキ・ジムニーシエラ』それほど待ちに待たなかった納車の日・たった5分の納車レクチャー

  • 2018/06/19
  • MotorFanアーカイブ編集部 山口 尚志
このエントリーをはてなブックマークに追加

■スズキ車の、販社オプションまめ知識

 
 私にとって、このジムニーシエラが初のスズキ車だが、それだけに初耳だったことがある。

 これまで販社オプションは、どこのメーカーも、クルマが届いた時点で販社が取り付けるものとばかり思っていたが、スズキ車の場合はオーナーの手に渡るまでにおもしろいまわり道をする。

 新車と同時購入される販社オプション品の取付作業は、例えば群馬県内で購入されるスズキ車なら、完成車を静岡の工場からいったん千葉県のモータープールに運んで行われるというのだ。

 プール拠点は全国に数か所あったと記憶するが、この作業は必ずしも地方単位・県単位での分担ではなく、関東地方の向こう側、中部地方に属する新潟県のオーナーに買われたスズキ車も千葉に集められるいっぽう、新潟県よりも千葉により近い埼玉県内からのオーダー車は静岡の拠点に向かう・・・このへんの分担は、店舗の規模によっても少しずつ変わってくるらしい。

 「ランドベンチャー」のカタログに「販売店装着品」とある特別装備「専用フロアマット」と「専用スペアタイヤハウジング」、これらは実は各プール拠点での装着だ。

 ただし、私のランドベンチャー用ハウジングは例外で、標準シエラにわざわざ仕様外の品を求めたという変則的な例だから販社取付だったが、それ以外の製品は販社到着時点で装着済み、コーティングも施工済みだったわけだ。

 

「販社オプション」といいながら、取付がモータープールでの作業なら、販売店のマージンがどうなるのかは聞き漏らしてしまった。左が軽ジムニーの、右がジムニーシエラのアクセサリーカタログ。
 だからといってオプションカタログの掲載品すべてが対象かというとそうでもなく、灰皿と置き換えに入れるだけの「プチポケット」や、置くだけでおしまいのトランク用マットなどは店舗で行われるし、輸送中の損傷回避で、取付は販社到着後が望ましいルーフキャリアの類も店舗作業に含まれる。
 
 新車購入後の心変わりで何か追加する場合は、さすがにすべて販社装着なので念のため。

 今回、何軒かのスズキ販社をまわったが、中には他社も同じと思っていて、用品取付をすべて販社が行うことを知らず、逆に新鮮に思うディーラーマンもいたほどだ。

 私のように、初のスズキ車を選ぶ方への、ちょっとした豆知識でした。

 というわけで、今回はここまで。

 また次回!

連載第4回『よろしく! スズキ・ジムニーシエラ』自分のクルマなのに試しに走る

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ