MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

オーナー目線で勝手にインプレッション 連載第5回『よろしく! スズキ・ジムニーシエラ』 Panasonicナビ 取付け気苦労物語・180mmスペースにワイド200mmナビを入れる法 ~だからATになった~[3/5]

  • 2018/07/01
  • MotorFanアーカイブ編集部 山口 尚志
このエントリーをはてなブックマークに追加

■候補5製品はこれだ

 というわけで、目をつけた製品は以下の5製品である。

 液晶サイズはすべて7インチの幅180mmのモデルだ。

1.Panasonic Strada
  SDカーナビステーション CN-RX04D
 地図表示が鮮やかで見やすそうだったことから第1候補にした。
 地図の色彩がちょっとケバイが、走っている最中に使うナビなら、見やすさは重要だ。
 下辺のボタンが小さすぎるのが難点。

2.PIONEER カロッツェリア
  楽NAVI AVIC-RZ901
 パイオニアからは「楽ナビ」を持ってきた。
 さすがシェアトップを誇るだけあって、かゆいところにも手が届くほどの細かい機能や設定がある。
 ただ、無機質な色彩の地図画面と文字書体がどうしても好きになれない。
 何となく冷たい感じがするのだ。

3.Clarion AVナビゲーション NX717
 ティーダのメーカーオプションナビが、画面デザインからして、どうやらクラリオン製のようだったことから選択。
 メニュー構成の考え方はティーダの延長線上にある。
 ティーダで感じていた美点は引き継いでいるいっぽう、おっ、と思うような進化があるわけでもない。

4.デンソーテン(旧富士通テン) AVN-R8
 いちおう候補に入れたという程度のもの。
 平常画面でのアイコンがちょっと大きすぎるのと、地図上に直接数字を置いた時刻表示が見にくい。
 ボタンが「現在地」「MENU」、ボリュームの「+」「-」だけというのも使いにくそう。

5.KENWOOD 彩速ナビ MDV-M705
「おーーーーーっ! 同じことを考えている人がケンウッドにはいた!」
と感激したのが、前述「左優先到着」のロジック搭載。
 ケンウッド公式には「目的地の横付けを考慮した探索」とあるのだが、まさに私が望んでいたドンピシャな機能! 
 ・・・でも、カタログには文字だけの説明しかしていない。
 5候補中、ケンウッドだけの機能にして、みんなが潜在的に望んでいる機能(だと思う)なのだから、カタログで図示してもっと大威張りに威張ったらいいのに。
 もったいないぞ、ケンウッド。

■5つの中から選んだものは

 
 上記5機種に対する①~⑥の可・不可を整理したのが次の表だ。

 ただしこれは本サイト用に、後追いで作ったものだ。

 結論からいうと、平素のナビ使用性に求める項目があまりにもピンポイントなため、①~⑥のすべてを満たすものは1機種もなかった。

 初めから予想していたことだ。

 ②の時計表示位置など全滅である。

 いっけん、ケンウッドの彩速ナビがよさそうに見えるが、残念ながらそもそものメニュー構成のあり方が、「どんな人が考えたのだろう?」と思うくらいにしっくり来ず、「左側優先到着」を泣く泣く却下と相成った。

 これさえなければ、ケンウッドに即決定していただろう。

 あっちを立てればこっちが立たず。

 帯に短したすきに長し。

 というわけで、パナソニックに決定!

・・・だったのですがねえ。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ