MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. クラウン

新型トヨタ・クラウンのエンジンルーム観察 8AR-FTS/8GR-FXS 新型クラウンを買ったら、ボンネットを開けてみよう! 美しい何かが見えるはずだ

  • 2018/07/22
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の乗せていただいた3.5ℓV6ハイブリッド車も、もちろんボンネットを開けてみた。
 開けると、こんな光景が見える。

なにも見えない・・・

 エンジンカバーを外すと、こんな様子だ。

ハイブリッドパワートレーンの場合は、エンジンカバーを外すとちょっと煩雑な印象だ。

新型クラウン 3.5ℓV6
エンジン形式:V型6気筒DOHC¥
エンジン型式:8GR-FXS
排気量:3456cc
ボア×ストローク:94.0×83.0mm
圧縮比:13.0
燃料供給:DI+PFI
給気方式:NA(自然吸気)
最高出力:299ps(220kW)/6600rpm
最大トルク:356Nm/5100rpm
シリンダーブロック材:アルミ合金
バルブ駆動方式:ロッカーアーム
VVT/VVL:In-EX/×

 こちらも、左右・前のカバーを外せば2.0ℓターボ車と同じく美しいアルミダイキャスト製ストラットタワーが見えるはずだ。

 左右・前のカバーも簡単に外せるが、ファスナーの数が多いのと、再度着ける際に、ちょっとだけコツがいるから、ディーラーの試乗車でやると、注意されてしまうかもしれない。新型クラウンを買ったら、あるいは友人が買ったら、ぜひボンネットを開けて見てみてほしい。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ