MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニュース・トピック

スーパーカブ アーカイブス♯1 初期型C100から最新C125まで! スーパーカブ60年の歴史を辿る[2/3]

  • 2018/07/28
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

1997年(平成9年)リトルカブ

前後14インチのカジュアルVer.

 前後のホイールを17インチから14インチに小径化し、シート高をスーパーカブの735mmから705mmに変更して足着き性を向上したリトルカブが誕生。

 デザインはスーパーカブの基本スタイルを踏襲しながらも、ハンドル周り、レッグシールド、フロントフェンダー、シート、リアキャリアなどの形状を変更。コンパクトで親しみやすいスタイルに仕上げられた。

 エンジンは当時のスーパーカブと共通の4.5 PS。

1996年(平成8年)

個性派カスタムの「カブラ(CUBRA)」とは?

 「カブラ」とは、ホンダアクセスがプロデュースした外装パーツ「カブラ」を装着したカブカスタムのこと。写真は車両込みの限定バージョン。

 レッグカバーやサイドカバーなどのドレスアップパーツで個性的なフォルムへと変身しているのがポイント。1998年にはリトルカブをベースにしたリトルカブラも登場した。

 元がビジネスバイクとは思えない斬新なフォルムに変身。

2007年(平成19年)スーパーカブ(JBH-AA01)

新設計のFIエンジンを搭載

 厳しい新排ガス規制に適合するため、吸気システムはキャブレターからFI(フューエルインジェクション/電子制御燃料噴射式/PGM-FI)に変更。マフラーには新たに触媒が装着された。

 エンジンはローラーロッカーアームやオフセットクランクを採用した新設計。点火方式はフルトランジスタ式に変更された。同年にはリトルカブもFIとなった。

2009年(平成21年)スーパーカブ110(EBJ-JA07)

パワフルな109ccモデルが登場

 スーパーカブ110が国内専用モデルとして発売。スーパーカブ90を上回る低燃費の109ccFIエンジン、新設計の角断面フレーム、2発進と変速にそれぞれ独立したクラッチ機構を備えた2段クラッチシステムなど既存のカブにはない新しい機構を随所に投入。カブフリークたちを驚かせた。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ