MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. N BOX

Honda N-VAN vs N-BOX ラゲッジスペース&インテリア比較 ホンダN-VANとN-BOX。新しい軽商用車とベストセラー軽、ラゲッジスペースはどのくらい違うのか?[2/2]

  • 2018/08/08
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダN-BOX Custom

荷室開口高:480mm 通常時 高さ:1165mm 奥行き:430mm
最大時 最大奥行き:1440mm 最小幅:910mm 左右分割のスライドとダイブダウン機構を搭載。後部から操作できるので便利。荷室開口下端は先代後席スライド車よりも75mm低められ、自転車の積み下ろしも楽々できる。

ホンダN-VAN :STYLE COOL

荷室開口高:525mm 通常時 最小幅:900mm 奥行き:720mm 高さは905mm。低い床と高い天井による軽自動車としては圧倒的な大空間が見事。後席位置が前よりだから奥行きはN-BOXより広い。
後席格納時 最小幅:905mm 奥行き:1550mm。後席が床下に沈み込むダイブダウン機構をもつため、低くてフラットな床面を作り出せる。自転車などの積み下ろしも楽々できる。
助手席まで倒せば、2.5mを超える荷室長が出現。フックが8カ所ある。助手席格納時の荷室奥行きは、ロールーフ車で2560mm、ハイルーフ車で2635mm。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ