MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/14
  • MotorFan編集部 古川教夫

神奈川トヨタが「車いす人力車」を販売!? |ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2018

JINRIKI 〜神奈川トヨタ自動車/トヨタレンタリース神奈川〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド(ヨッテク)2018が7月20日(金)、21日(土)にパシフィコ横浜にて、開催されました。
ヨッテクは、「探しに行こう! 暮らしに活きるリハビリテーション」をサブタイトルに実施。「移動」「暮らし」「プラスワン」を2013年に掲げてリニューアル。3年サイクルでテーマに沿った企画を展開しており、2018年は「暮らしを彩るプラスワン」を全体テーマとしての開催となりました。
クルマ関連の出展は4つ。各ブースから、注目の4台をピックアップして紹介します。

神奈川トヨタ自動車/トヨタレンタリース神奈川のブースでは、一風変わったプロダクトが展示されていました。 その名もJINRIKI QUICK。

JINRIKIシリーズは、けん引式車いす補助装置と呼ばれている車いすに装着するバー。 その名の通り、押すのがメインの車いすを人力車のように引くことができるようにするというものです。けん引時は前輪を浮かしたスタイルとなるため、障害物を避けやすく段差などもクリアしやすいようになるのが最大のメリット。 なかでもQuickは、通常の車いすにワンタッチで取り付けられ、緊急の避難時などにも有効となっています。

車いすの前方のフレーム(パイプサイズがΦ17~25ミリの車いすに対応)に取り付けることが可能です。

また、センターのアジャスターによって、パイプ外寸法で380ミリ~525ミリの幅の車いすに対応します。

JINRIKIシリーズは、株式会社JINRIKIの製品ですが、神奈川トヨタ自動車/トヨタレンタリース神奈川の2社でも取り扱うことになり、展示とあいなったというもの。車いすとセットで初めて有効になるアイテム、そしてモビリティ・ギアだけに、福祉車両とともに展示されていることの大切が感じられるブースでした。

また、トヨタレンタリース神奈川では、トヨタの福祉車両ウェルキャブシリーズのレンタカーもラインアップ。「車いす仕様車」「サイドリフトアップシート車」「助手席回転スライドシート車」などが用意されているとのこと。種類により装備は異なりますが、シエンタやポルテサイズから、レジアスエース(ハイエース)サイズまで、ボディタイプも豊富。身体障害者手帳・療育手帳などで基本料金が10パーセントオフにもなるとのことです。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る