Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデス・ベンツ|MERCEDES BENZ
  4. Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)

乗ってわかった! 新旧メルセデスGクラス走りの違い

  • 2018/08/22
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

圧倒的に進化したGクラス

独立サスペンションを採用した新型Gクラスのシャシー

 それが新型では一気に改良された。何よりもまず直進時にチョロチョロ進路を乱すことがなくなった。と言っても、今回はクローズドコースで試した限りの話だが、リジッドだったフロントサスペンションが4リンクとなり、リサーキュレーティングボール式だったステアリングが現代的な電動ラック&ピニオンに改められた効果は大きい。

 
 本格的クロスカントリービークルにとっては悪路で自由に伸縮し駆動力を確保する大きなホイールトラベルが何より大切であり、オンロードのフラットで快適な乗り心地(そのためのスタビライザー)などは、本来二の次だ。余裕のある地上高のせいで重心高が高いのも当たり前、無論スタビリティ面は不利である。だがこれだけオンロードでSUVとして普及すると割り切るわけにはいかず、様々な手を打ってきたというわけだ。ステアリングのロック・トゥ・ロックは従来型は3回転半も回ったが、新型は他のメルセデスと同じ2.8回転となり、セレブリティのなママにも扱いやすくなった。

 四角いフロントガラスを通して、角ばったボンネットとその両端に載るウインカーインジケーターを見る眺めはまったく昔通りだが、12.3インチの巨大なディスプレイを2枚並べたインストゥルメントパネルとジェットエンジンのようなエアアウトレットが並ぶダッシュ周りはまるで最新のEクラスクーペのよう。だが、センターコンソールに設けられたローレンジ・スイッチと相変わらずダッシュ中央に並んだ3個の独立したデフロックスイッチが普通のメルセデスではないことを主張する。初めて乗る人ならまず間違いなくシートから腰を浮かすほど驚く、走り出すとすぐにガシャン!と大きな音を出す自動ロックもあえてそのままである。

 もっとも、Sクラスなどと同じV8ツインターボ(422㎰/610Nm)と9段に増えたATを積む新型G550は、明らかに従来型より静かに滑らかに走る(サイドウィンドウには二重のアコースティックガラスを採用)。今どきの洗練されたSUVとして、もうほとんど言い訳要らずの性能を備えている。

 新型Gクラスは当面G550とAMG G63のみ、それもあって先代のG350dは併売されるという。高価なGクラスで本当の悪路に踏み込む人はまずいないはずなので、新型にしておけば間違いない。最新の安全装備などより、伝統的なプロ・ツールとしての手応えが欲しいというマニアックな方は、今のうちにG350dと乗り比べてみてほしい。Gクラスが真に特別であること、そして新型が一気に現代的になったことが分かるはずだ。

SPECIFICATIONS
メルセデス・ベンツG550(新型)
■ボディスペック:全長4817mm 全幅1931mm 全高1969mm ホイールベース 2890mm
■パワートレイン:エンジンタイプ V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量3982cc
最高出力310kW(422㎰)/5250~5500rpm 最大トルク610Nm(62.2㎏m)/2000~4750rpm
■トランスミッション タイプ 9速AT
■シャシー:駆動方式 AWD サスペンション フロント 4リンク サスペンション リヤ リジッド
■ブレーキ:フロント ベンチレーテッドディスク リヤ ベンチレーテッドディスク
■タイヤ&ホイール:フロント 275/55R19 リヤ 275/55R19
■車両本体価格 1562万円

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ