MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. ロードスター

マツダ・ロードスターRF vs ロードスター vs アバルト124スパイダー トランク比較 同門対決 マツダ・ロードスターRFとロードスター、アバルト124スパイダーのラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? [1/2]

  • 2018/08/27
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ロードスター(左)とロードスターRF(右)

世界でもっとも愛されているライトウェイト・オープンカーといえば、マツダ・ロードスターだ。そのリトラクタブル・ハードトップがロードスターRF、アバルトのバッジとデザイン、エンジンを積むのがアバルト124スパイダーだ。どれもベースは同じ。では、そのスペースユーティリティはどうだろうか?

左がアバルト124スパイダー、右がロードスターRF。

 今回紹介する3モデルは、ベースはもちろん同じだが、エンジンは、1.5ℓNA、2.0ℓNA、そして1.4ℓターボで3車3様。スタイルも伝統的なソフトトップとハードトップの2種類があり、アバルト124スパイダーともなれば、ボディデザインから違う。

 おかげで、選び甲斐もあるわけだが、そもそもこの3モデルで、スペースユーティリティに違いはあるのだろうか? 
 ちょっと比べてみよう。

マツダ・ロードスターRF RS 全長×全幅×全高:3915×1735×1245mm ホイールベース:2310mm ミラーtoミラー:1920mm

全長×全幅、ホイールベースはソフトトップモデルのロードスターと同サイズ。全高のみ10mm高い。車両重量も増加しているが、もっとも重いモデルでも1130kgと軽量であることに変わりはない。

マツダ・ロードスターRF RS
全長×全幅×全高:3915×1735×1245mm
ホイールベース:2310mm
車重:1100kg
エンジン
2.0ℓ直列4気筒DOHC
最高出力:184ps(135kW)/7000rpm
最大トルク:205Nm/4000rpm
トランスミッション :6速MT
駆動方式:FR
最小回転半径:4.7m
WLTCモード燃費:15.8km/ℓ
 市街地モード:11.8km/ℓ
 郊外モード:16.0km/ℓ
 高速道路モード:18.3km/ℓ
車両価格:381万2400円

マツダ・ロードスターS スペシャルパッケージ 全長×全幅×全高:3915×1735×1235mm ホイールベース:2310mm ミラーtoミラー:1920mm

RFとほぼ同一のディメンションを持つソフトトップ車のアドバンテージは、やはり軽さ。もっとも重いグレードでも1060kgと軽く、回頭性や燃費の違いに好影響を与えている。

マツダ・ロードスターS スペシャルパッケージ
全長×全幅×全高:3915×1735×1235mm
ホイールベース:2310mm
車重:1010kg
エンジン
1.5ℓ直列4気筒DOHC
最高出力:132ps(97kW)/7000rpm
最大トルク:152Nm/4500rpm
トランスミッション :6速MT
駆動方式:FR
最小回転半径:4.7m
WLTCモード燃費:16.8km/ℓ
 市街地モード:12.0km/ℓ
 郊外モード:17.7km/ℓ
 高速道路モード:19.5km/ℓ
車両価格:275万9400円

アバルト124スパイダー 全長×全幅×全高:4060×1740×1240mm ホイールベース:2310mm ミラーtoミラー:1920mm

ホイールベースは、ロードスター/RFと共通だが、前後バンパーなどの違いにより全長と全幅を拡大。並べてみても、一回り大きい印象を受け、車格の違いを見た目からも感じ取れる。

アバルト124スパイダー
全長×全幅×全高:4060×1740×1240mm
ホイールベース:2310mm
車重:1130kg
エンジン
1.4ℓ直列4気筒ターボ
最高出力:170ps(125kW)/5500rpm
最大トルク:250Nm/2500rpm
トランスミッション :6速MT
駆動方式:FR
最小回転半径:-m
JC08モード燃費:13.8km/ℓ
車両価格:388万8000円

マツダ・ロードスターRF RS 全長×全幅×全高:3915×1735×1245mm

合成皮革やサテンクロームメッキの加飾で質感を高めたインテリア。5インチワイドディスプレイと専用コントローラーは標準装備だが、ナビゲーション用SDカードはディーラーオプション。3眼メーターの左側にはルーフ開閉動作のアニメーション表示も行なうマルチディスプレイを備える。
シート高:420〜440mm(シート前端のみ可動) RSは、レカロ製スポーツシートを標準装備。表紙にはアルカンターラとナッパレザーを使用し、高級感と優れたホールド性を実現している。

マツダ・ロードスターS スペシャルパッケージ 全長×全幅×全高:3915×1735×1235mm

内装のデザインは加飾は基本的にRFと共通。センターディスプレイ&コントローラーも「S」を除いて標準装備され、ナビ用のSDカードはディーラーオプションなのは、RFと同じ。
シート高:420~440mm (シート前端のみ可動) シート地は写真のファブリックのほか、グレードに応じてブラックのレザーとレカロ製シートを設定。運転席には座面前端の高さを調節できるチルト機構が備わる。

アバルト124スパイダー

基本構造やデザインはロードスターと同じだが、インパネやシフトブーツなどにスエード調レザーをあしらい、スポーツステアリングにサソリのマークが備わるなど、専用の仕立てが随所に見られる。メーター中央の文字盤が赤いのも同じ演出のひとつ。ナビ機能のSDカードはディーラーオプション。
シート高:3800~400mm(シート前端のみ可動) 標準はアルカンターラとレザーのコンビ仕様だが、撮影車はオプションのレザーシートを装備。ボディカラーがホワイト系の場合は、シート中央部がレッドになる。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ