MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−8

CR-Vデビューで再注目! 3列シートSUV人気のきっかけを作ったマツダCX-8をおさらい。[2/3]

  • 2018/08/31
  • ニューモデル速報 森本 太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

1.他の3列SUVに比べボディが大きく、3列目をゆったり使える。

室内長も室内高も、大型ミニバンのように寸法を取れないため、車種によっては2列目を前出ししても足元が狭かったり、体育座りになったりするものだが、CX-8は、広いとはいえないまでも、まずまずの空間が確保されている。
 CR−V、エクストレイル、アウトランダーの前長はそれぞれ、4605、4690、4695mm。とくにCR-Vは、よくこの全長で3列シートを実現した!と感心されられるが、対するCX-8は4900mmと、競合車よりも200〜300mm以上も全長が長いから、当然ながらライバル他車に比べ余裕がある。とくに、床からシートまでの高さがあって、姿勢良く座ることができるのがポイントだ。

左がCX-8。全長4545mmのCX-5と比べてみれば、サイズの違いは一目瞭然だ。
CX-5のホイールベースは2700mm。CX-8と比べると230mm短い。キビキビした走りが特徴。

2.パワートレーン(エンジン)に優位性。

 CX-8のエンジンは1タイプのみで、2.2Lのディーゼルターボを搭載する。これは、最大トルク45.9kgmを誇る上級ユニットで、ライバル各車に比べて優位性がある。CR-V、エクストレイル、アウトランダーはともにハイブリッド車をラインナップするが、パッケージレイアウト上、これを3列シート車には搭載できないため、エクストレイル、アウトランダーは2.0L、または2.0 L/2.4Lのベーシックなユニットを積む。最後発のCR-Vについても、1.5Lダウンサイジングターボは190psの最高出力を絞り出すものの、最大トルクは24.5kgmと、そのスペックは大きくCX-8に譲る。3列シート車ながらシリーズ中の上級ユニットを積んでいるのはCX-8だけ、というわけだ。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ