Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. カローラスポーツ

カローラスポーツvsシビックハッチバック トランク比較 カローラスポーツとシビックハッチバック ライバル車比較| 内装・ラッゲージスペースの使い勝手は? 容量は? 後席は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カローラスポーツG

トヨタ・カローラのハッチバックとホンダ・シビックのハッチバック。元気よくキビキビ走りたい人にとって、とても魅力的な2台のハッチバックモデルの主戦場は、日本ではなく世界。世界を相手にするカローラスポーツとシビックハッチバックのラゲッジスペースを比べてみよう。

目次開く

カローラスポーツG 全長×全幅×全高:4375×1790×1490mm ホイールベース:2640mm ミラーtoミラー:2080mm

シビックハッチバック 全長×全幅×全高:4520×1800×1435mm ホイールベース:2700mm ミラーtoミラー:2080mm

カローラスポーツG|インパネと前席・後席

シビックハッチバック|インパネと前席・後席

カローラスポーツG|ラゲッジスペース

シビックハッチバック|ラゲッジスペース

シビックハッチバック

 かたやカローラ・ユーザーの若返りという使命を帯びて投入されたカローラスポーツ。一方の、ホンダ・シビックは7年ぶりに国内市場に投入されたモデルで、セダンとハッチバックとタイプRという3タイプの車型を用意している。タイプRが飛び抜けてスポーティ(というより、スーパースポーツ並み)だが、セダンとハッチバックでは、ハッチバックの方がスポーティな味付けだ。
「若々しくてスポーティ」というポジションを役割は共通する2台、まずは全体のサイズ比較から。

カローラスポーツG 全長×全幅×全高:4375×1790×1490mm ホイールベース:2640mm ミラーtoミラー:2080mm

ワイド&ローを印象づけるフェンダーアーチなど、手の内に収まるサイズ感の中で見事に躍動的なフォルムを実現。15〜16インチホイールのFF車の最小回転半径は5.1mと、小回りも利く。

カローラスポーツG
全長×全幅×全高:4375×1790×1490mm
ホイールベース:2640mm
車重:1370kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
最高出力:116ps(85kW)/5200-5600rpm
最大トルク:185Nm(18.9kgm)/1500-4000rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.3m
JC08モード燃費:17.2km/ℓ
車両本体価格:245万1600円

シビックハッチバック 全長×全幅×全高:4520×1800×1435mm ホイールベース:2700mm ミラーtoミラー:2080mm

大型化が著しいシビックは、カローラスポーツよりも全長とホイールベースが長く、ぱっと見の印象もツーサイズは大きく感じる。その分、室内の前後席クリアランスや荷室の奥行きも広い。

シビックハッチバック
全長×全幅×全高:4520×1800×1435mm
ホイールベース:2700mm
車重:1350kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
最高出力:182ps(134kW)/6000rpm
最大トルク:220Nm(22.4kgm)/1700-5500rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:5.5m
JC08モード燃費:18.0km/ℓ
車両本体価格:280万0440円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

カローラスポーツG|インパネと前席・後席

上質感のあるソフトパッド加飾のダッシュボードを採用。メーター内には7.0インチもしくは4.2インチの多機能カラーディスプレイも備わる。専用通信機が全車に標準装備され、販売店オプションの純正ナビを装着すれば、T-Connectの各機能を利用することができる。
リヤシート高:570mm 後席ニースペースは約140mm、頭上スペースは約60mm。デザイン性と居住性を両立させている。
フロントシート高:530mm〜560mm 肩のサイドサポートを強調したスポーティなシートを採用。最上級グレードには、よりホールド性の高いシートが標準装備される。

シビックハッチバック|インパネと前席・後席

ソフトパッドやカーボン調ガーニッシュを使用し、質感の高さとスポーティなイメージを表現。ハイデッキコンソールの下側には収納が備わり、使い勝手も良好だ。7インチ液晶メーターは視認性に優れ、ターボブーストなど多彩な情報表示にも対応する。
リヤシート高:520mm 後席ニースペースは約190mmと広いが、頭上にはあまり空間的な余裕はなく、身長の高い人は少し窮屈に感じるかもしれない。
フロントシート高:490〜570mm 撮影車はオプションのレザーインテリアを装備し、運転席には便利な8ウェイパワーシートも備わる。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ