MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. カローラスポーツ

カローラスポーツvsシビックハッチバック トランク比較 カローラスポーツとシビックハッチバック ライバル車比較| 内装・ラッゲージスペースの使い勝手は? 容量は? 後席は?

  • 2018/09/04
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
目次開く

カローラスポーツG 全長×全幅×全高:4375×1790×1490mm ホイールベース:2640mm ミラーtoミラー:2080mm

シビックハッチバック 全長×全幅×全高:4520×1800×1435mm ホイールベース:2700mm ミラーtoミラー:2080mm

カローラスポーツG|インパネと前席・後席

シビックハッチバック|インパネと前席・後席

カローラスポーツG|ラゲッジスペース

シビックハッチバック|ラゲッジスペース

カローラスポーツG|ラゲッジスペース

通常時:奥行き810mm 高さ770mm
後席格納時:最大奥行き:1590mm 最小幅950mm

荷室フロアは手前の方が幅が広く、最大幅は焼く1400mmもある。トノカバーからフロアまでの荷室高も約470mmと実用的だ。後席は6対4分割可倒式で、シートバックを倒すと段差が生じるが、フロアとの隙間はトリムで覆われるようになっており、使い勝手に配慮されている。

シビックハッチバック|ラゲッジスペース

通常時:奥行き930mm 高さ:750mm
後席格納時:最大奥行き:1820mm 最小幅:850mm

「ハッチバック」というより、欧州でポピュラーな「ハッチバックセダン」と言ったほうがより正しく、リヤゲートは上の方までガバっと開く。荷室高さはトノカバーの位置だと約470mmでカローラスポーツと大差ない。後席は6対4分割可倒形式。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ