MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > メルセデス・ベンツ > CLSクラス > どちらを選べば正解? メルセデス・ベンツの新型CLSは、直4ディーゼルのCLS220dか、それとも直6+ISGのCLS450か?【試乗記】
  • 2018/09/04
  • MotorFan編集部

どちらを選べば正解? メルセデス・ベンツの新型CLSは、直4ディーゼルのCLS220dか、それとも直6+ISGのCLS450か?【試乗記】

さらなる美しいデザインを身に纏い、ついに第三世代へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型CLSのキャラクターにピッタリと合っている「CLS450」

CLS450

 いよいよ今回試乗する新型CLSと対面した。まず正面から見ると“シャークノーズ”と呼ばれるサメのような大胆な造形に目を奪われるが、ボディには無駄なプレスラインを廃したクリーンな造形が採用され、光りの陰影で色々な表情を見せることが分かる。実車を目の前にすると、なかなか大きいボディであると感じた。

 今回の試乗コースは、東京都内から箱根に向けて走り、箱根で車両を入れ替えて再び東京に戻るルートである。高速道路が7割、一般道が3割。往路がCLS220d、復路がCLS450だ。

 まずはCLS220dで箱根に向かった。新型CLSの雰囲気を感じながらゆっくりと都内をクルージングすると、かつて取材で長距離をともにした新型Sクラスとの違いを感じた。懐の深い、なんとも気持ちの良い乗り心地のSクラスに対し、CLS220dは全体的に硬質な乗り心地であると思った。ダイナミックセレクトが「Sport」モードだったため、標準設定の「Comfort」に切り換えた。しかし、それでもやはり硬質感が残っているように感じた。

CLS220d

 首都高を経由して東名高速を走るが、乗り心地の傾向は変わらなかった。CLSはEクラスをベースとしたプラットフォームを採用しており、この点がSクラスとCLSの乗り味の決定的な違いとなっているのだろうか? 12.3インチの高精細液晶パネルを2枚組み合わせたインテリアを採用し、Sクラスとまったく同じステアリングとなっていることも、乗り味の「違い」を感じた要因だったのかも知れない……。そんなことを考えながら目的地の箱根に着き、復路の相棒となるCLS450に乗り換えた。

 その瞬間に……と言ったら大げさだが、箱根の街中を走り始めると、アイドリングからスルスルと加速していくときのフィーリングが素晴らしいことに気づく。信号待ちの停止状態から、アクセルを軽く踏み込んで国道を40〜50km/hのスピードで走らせて、再び赤信号で停止する。その繰り返しで、ギヤか変わるときにISGがパワーやトルクを補完する「スムーズな変速」もハッキリと体感できた。

 乗り心地も、さきほどまで乗っていたCLS220dとは明らかに違う。Sクラスにも似た、ボディに包み込まれるような乗り味なのだ。資料を見比べても、CLS220dにはエクスクルーシブパッケージの装着によってCLS450と同じエア・ボディ・コントロール・サスペンションとなっている。こうした乗り心地の違いが新車ならではの個体差なのか、それとも車両重量の違いからくるものなのか、理由は分からない。しかし、明らかに違う。ちなみに車両重量は、CLS220dが1860kg(エクスクルーシブパッケージ装着)に対し、CLS450が1970kgでその差は110kgだ(両車ガラススライディングルーフ装着)。

 燃費は、カタログ値の比較でCLS220dが18.6km/ℓ、CLS450が11.9km/ℓ。当然のことではあるが、長距離を走れば走るほど、経済性では燃料代が安く済むディーゼルモデルのCLS220dに軍配が上がる。

CLS220d

 しかし、結論としては、ぜひ予算が許せばCLS450をおすすめしたい。価格差は200万円以上あるが、その価格以上の価値を感じた。

 ディーゼルとガソリン、直4と直6という違いに加え、抜群の仕上がりを見せるISG。久々のメルセデス・ベンツ製 直6エンジンのフィーリングとともに、367ps、500Nmにプラスして、ISGによる16Kw、250Nmのパワーが組み合わされた異次元の走りは、なんとも言えない贅沢で心地よいものだった。高速道路でも一般道でもストレスのない加速とスムーズで段差のまったくない走りは、まさに“極上”の乗り味といえる。

 恐らく、CLS220dだけを試乗していたら、ディーゼルエンジンならではの走りの良さが際だっていたのだろうが、CLS450と比較した瞬間に「世代の違い」を感じた。逆に言えば、CLS450に乗っていなければ、新型CLSの魅力をここまで語れなかったのではないか、と思えるほどの仕上がりだった。次世代のデザインとISGの組み合わせは、新型CLSのキャラクターにピッタリと合っているのだ。

 ここまで言い切ってしまって良いのか? と思ったが、試乗後に複数の方と話してみると、この感覚は間違いでないことが分かった。これを体感するのは……そう、次はあなたの番である。

SPECIFICATIONS
メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ ■ボディサイズ:全長5000×全幅1895×全高1430mm ホイールベース:2940mm ■車両重量:1820kg ■エンジン:直列4気筒DOHCディーゼルターボ 総排気量:1998cc 最高出力:143kW(194ps)/3800rpm 最大トルク:400Nm/1600〜2800rpm ■トランスミッション:9速AT ■駆動方式:RWD ■環境性能:燃料消費率18.6km/ℓ ■車両本体価格:799万円

SPECIFICATIONS
メルセデス・ベンツCLS450 4MATIC スポーツ ■ボディサイズ:全長5000×全幅1895×全高1430mm ホイールベース:2940mm ■車両重量:1950kg ■エンジン:直列6気筒DOHCターボ 総排気量:2996cc 最高出力:270kW(367ps)/5500〜6100rpm 最大トルク:500Nm/1600〜4000rpm ■トランスミッション:9速AT ■駆動方式:AWD ■環境性能:燃料消費率11.9km/ℓ ■車両本体価格:1038万円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る