MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/06
  • MotorFan編集部

メルセデスAMG「53」シリーズ上陸! 435ps、520Nm+モーターの3.0ℓ 直6 ISGを搭載し、まずはEクラスとCLSから

メルセデス・ベンツの最新「電動化テクノロジー」を投入!

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデスAMG 53シリーズのプレス発表会で登壇した、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表とメルセデスAMG CLS 53 4MATIC+。
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMGの最新モデルで、動力性能と環境性能を高次元で融合させた次世代のハイパフォーマンスカー「AMG 53シリーズ」を発表した。すでに予約受付が開始され、納車はEクラスセダンとステーションワゴンは9月、CLSは10月、Eクラスクーペとカブリオレは11月からスタートする。
メルセデスAMG E53 4MATIC+。

メルセデスAMG本社と日本を結ぶAMGブランドマネージャーのレナート・ニグマン氏。

 メルセデスAMGは、これまでの「63」シリーズに加え、新たなモデルとして「53」シリーズをラインナップすることになった。まず日本市場に導入されるAMG 53シリーズは、EクラスとCLSである。

 Eクラスは、セダン/ステーションワゴン/クーぺ/カブリオレの全ボディタイプで「メルセデスAMG E 53 4MATIC+」を展開する。

 6月に発表したばかりのCLSは、新たにメルセデス AMG CLS 53 4MATIC+を投入。これにより、CLSのラインナップはメルセデス・ベンツのCLS 220d スポーツ、CLS 450 4MATICスポーツにAMGを加え、3つのモデルから選べるようになった。

 さて、新しいAMG 53シリーズに搭載されるパワーユニットは、3.0ℓ 直6ターボエンジンに電動スーパーチャージャーとISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせたもの。最高出力435ps、最大トルク520Nmに加え、モーターの22ps、250Nmが加速時やシフトチェンジ時など最適なタイミングで補完。これにより、スムーズな発進となめらかなシフトチェンジが可能となる。

 電動スーパーチャージャーは、低回転域でターボが効果を発揮しづらいターボラグを解消するために過給を行うため、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを実現するという。

 このほか、可変トルク配分を行う、パフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」、高いアジリティやニュートラルなコーナリング性能、優れたトラクションを可能とする「AMG RIDE CONTROL+サスペンション」を搭載している。

 エクステリアは、精悍さを増したグリルデザイン、リヤのリップスポイラーなどで武装。なかでも、フロントバンパー内に組み込まれた左右のエアインテークには、2本のクロームメッキのフィンがレイアウトされデザインのチャームポイントになっている。リヤビューを見ると、4本出しマフラーとディフューザーの組み合わせも健在だ。

 AMG 53シリーズとしては、これから発売が予定されているAMG-GT 4ドアクーペでの展開など、今後ラインナップを広げていくことになるだろう。

■メルセデスAMG 53シリーズ車両本体価格

メルセデスAMG E 53 4MATIC+ (左/右) 1202万円
メルセデスAMG E 53 4MATIC+ ステーションワゴン(右) 1239万円
メルセデスAMG E 53 4MATIC+ クーペ(左/右) 1213万円
メルセデスAMG E 53 4MATIC+ カブリオレ(右) 1268万円

メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+ (左/右) 1274万円

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る