MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

ホンダN-VAN、スズキ 新型ジムニーから読み解く、これからのヒット車の条件!

  • 2018/09/15
  • ニューモデル速報 森本 太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒットの条件 その2:夢が広がるクルマ

 軽自動車でもN-BOXのように、装備が充実して見た目にも上級感にあふれるクルマもある。でも、ジムニーやN-VANは、そうした上級感ではなく、それぞれの目的に徹したクルマだ。だからこそその特徴は抜きん出て、そのクルマでしか出来ない機能性が光る。

ふつう、クルマで走るようなところではない場所を走破できるのが、ジムニーならではの強みだ。
 ジムニーの場合、もちろんそれは悪路走破性だ。ラダーフレーム、3リンクリジットアクスルというという元々の素性、そして、ブレーキLSDトラクションコントロールなどの新機能による他のクルマでは決してマネの出来ない走破力。一度でも専用オフロードコースを経験すれば、ジムニーを尊敬の眼差しで見られるようになるだろう。ジムニーに乗れば自然とラフロードを走ってみたくなる。とはいえ、たとえばGT-Rは300km/h出さなくてもその凄さが感じられるように、ジムニーは、奥深い林道に行かないとしても、そのストーリーを思うだけでも夢が広がる。「軟弱な他のクルマたちとはひと味もふた味も違うぞ」とオーナーが胸を張れるわけだ。だから街なかであっても、他のクルマに埋没しない個性を主張できるのだ。

こんなステージを、素人でも、特別な技量がなくても、それほど緊張もせずに走り抜けてしまう。

N-VANの助手席は後席同様、完全にフロアと面一になるまで沈み込み、中型バイクも飲み込むスペースが出現。
 N-VANも同様だ。「こんなに積めるんだ。こんなにアレンジを工夫できるんだ」というように、使い方、遊び方にワクワクできる。ホンダはフリードプラスもそうだけど、ただクルマをつくるだけでなく、さまざまな使い方や遊びに誘うような楽しみ方への提案が上手だ。フリードプラスなら二段フロアを活用してキャンプに出掛けてみたくなるし、N-VANなら助手席まで床下に畳んで趣味の道具を積み込み、好きな場所で好きなように寝てみるような生活をしてみたくなる。基本性能が良いことや、コストパフォーマンスに優れるのはもちろんだけれど、ただそれだけでなく、生活に新しい提案をもたらしてくれるようなクルマたちが、これからはヒット車のひとつの条件になるだろう。

驚異的なフロアの低さとダブルビッグ大開口を活かして、ユーザーに合わせた積み方や使い方に対応する。

モーターファン別冊 2018-2019年 軽自動車のすべて

新型ジムニー、N-VANはじめ、人気のスーパーハイト系ワゴンからトラックまで網羅して、最新の軽自動車32車種を徹底紹介!

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ