MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 508

508セダンの日本導入は年内の見込み 美しいデザインと素直な走りの508を欧州で乗ってみた[2/2]

  • 2018/10/08
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と充実したADAS装備

2793mmという長いホイールベースの恩恵で、リヤシートは十分な広さ。ナッパレザーの肌触りも上質感がある。
しっかりと身体をサポートしてくれるフロントシートだが、フランス車らしい柔らかさも併せ持つ。

独立トランクではなくハッチバックスタイルを採用。通常時でも容量は487ℓを確保するが、3分割式のリヤシート背もたれをすべて倒すと容量は1537ℓにまで拡大する。
 走り出すと、スルリと手の内に収まるようなドライバビリティが際立つ。ハンドリングはどの速度域でもしっとりと滑らかな感触が途切れず、どこまでもニュートラルステアに徹する。不快なトルクステアもなく、いい意味でFFらしくない味わいだ。足まわりはロールを抑えるというよりも積極的に四肢が動く感覚で、ガソリン仕様なら1420kgという軽めの車重も手伝い、乗り心地に硬さを感じる場面はなかった。極めて軽快である一方で、峠でも高速道路でも巧みなロードホールディングで楽しませてくれる。加えてレーンキープ機能やACC、緊急ブレーキ補助を含めたADAS(先進運転支援システム)関連の動作が自然だったことも、望外の驚きだった。

 今回はガソリン2種類、ディーゼル1種類の計3種類のパワートレインを試したが、もっとも好印象だったのはガソリンの1.6ℓターボ225ps仕様だった。同じ排気量の180ps仕様より明らかにパワフルでかつ静粛性に優れ、ディーゼル2.0ℓのBlue HDi 180psよりノーズの動きが軽く、ハンドリングも小気味いい。逆に長距離移動が中心なら、ディーゼルがベストの選択肢となるだろう。いずれもアイシンAW製8速ATの新たなトランスミッションが組み合わされるが、相性という意味でも225ps仕様がもっとも滑らかだった。
 
 日本上陸は年内が予定されている。Dセグのプレミアム・セダンにどこまで食い込めるか、注目したい。

※本記事は『GENROQ』2018年9月号の記事を転載したものです。

SPECIFICATIONS
プジョー508ピュアテック225
■ボディサイズ:全長4750×全幅1847 ×全高1404mm ホイールベース:2793 mm ■車両重量:1420kg ■エンジ ン:直列4気筒DOHCターボ 総排気 量:1598cc 最高出力:169kW(225ps) /5500rpm 最大トルク:300Nm(30.6kg m)/2500rpm ■トランスミッション: 8速AT ■駆動方式:FWD ■サスペ ンション形式:Fマクファーソンスト ラット Rマルチリンク ■ブレーキ: F&Rベンチレーテッドディスク ■ タイヤサイズ:F&R215/55R17 ■パ フォーマンス 最高速度:250km/h ■環境性能(EU複合モード) 燃料消 費率:5.6l/100km CO2排出量:130g/1km

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ