MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. モトチャンプチャンネル

HONDA/MONKEY チューニング大解剖 【モンキー】49ccのままで125km/h!! 驚速エンジンの”秘密のレシピ”を教えます[3/3]

  • 2018/10/27
  • モト・チャンプ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

クランクシャフト:ウエストバランスを大きく改善

加工後(CD50系)
12Vモンキー純正

CD50系のクランクシャフトを流用し、ウエイト部を削っている。回転に片寄りのあるウエイトバランスを見直し、軽やかに回るフルカウンタータイプの特性にアレンジ。なおバランス率は極秘とのこと。これに伴い、オイルポンプはシフトアップ製の大容量タイプに変更し、ケース側のオリフィスを1.5㎜に拡大してオイル流量を増大している。

こちらは並木さんが過去に製作した1万9000rpmまで回る超高回転型のクランクシャフト。社外品でもよく見られるが、カウンターウエイトが大幅に削られ“おにぎり型”になっているのが特徴だ。
自作のクランクバランス測定器。芯出しと上下バランスを細かに測定でき、これを元に加工を進めていく。

キャブレター:呼気ロスを最大限防ぐ!

キャブレターはセッティングが出しやすいとのことからCR-mini(φ22)を組む。マニホールドには、キャブの段付きに合わせたスリーブ付きのスペーサーを追加してシリンダーヘッド間のガタ付きを防ぎ、吸気漏れを極力なくしている。

富士の最高速アタックでライダーを務めた長谷川さん(BRE店長)曰く「直線は約1.5kmあるのですが、早い段階で吹け切ってしまい、空気抵抗をなくすため丸くなりながら、暴れまくる車体を抑えこむのに苦労しました」。またマフラーを作ったのも彼で、管長を長めに取り、エンジン回転数に応じてタイミングよく排圧が掛かるように緻密に設計されている。
これはエンジンを組んだ状態から、バルブタイミングとピストントップ位置が一度に計れる治具。SP武川の全円分度器や市販のメーターを使って製作。「ラクをするための道具です!」と並木さん。

モトチャンプ 2018年10月号

・タイから直送のモンキー125カスタマイズ
・OVER RACINGのモンキー125用パーツ先取りチェック
・50ccで125km/h!?な超速エンジン 徹底分解
・8~12インチの最旬カスタムサンプル大集結
・カブGO!GO!
・モトチャンプ杯 レジェンド対談
・PCXハイブリッド その加速が凄すぎた!
・名エンジン歴代バイクカタログ(オーバー400cc・四気筒編)
・関西のシグナスXカスタムシーンに突撃!
etc

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ