MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−5

CX-8は文句なしに2.5Lガソリンターボ車がベスト/CX-5はディーゼル車にしかない6速MTの存在が悩ましい 【改良型マツダCX-5/CX-8比較試乗】SKYACTIV-G 2.5T&GVC+は全速度・回転域が官能的! CX-5のSKYACTIV-D 2.2&6速MTはスポーツカーから乗り換えても楽しめる![2/2]

  • 2018/10/26
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加

「GVC+」の効果は? CX-5ディーゼル6MT車とCX-8ガソリンNA車の走りは?

「G-ベクタリングコントロールプラス」による旋回中の制御イメージ

 そしてもう一つの大きなトピック、従来の「G-ベクタリングコントロール」(GVC)と同じく日立オートモティブシステムズと共同開発した「G-ベクタリングコントロールプラス」(GVC+)だが、これは従来のGVCが行うターンイン時のエンジントルク低減によるステアレスポンス向上制御に、立ち上がり時の外輪制動による安定性向上制御を加えたもの。

GVC+の作動原理を示したグラフ。ドライバーの操舵を起点にしてエンジントルクとヨーモーメントを制御する

 詳細には、立ち上がりの際にステアリングを戻す操作をトリガーとして、旋回外輪へわずかにブレーキをかけ、直進状態へ戻そうとする復元モーメントを与えることで、安定性を高める効果を狙っている。

マツダによるエルクテスト時のGVC+オンオフ比較動画。GVC+オフ時はレーンチェンジ後も左右の揺れがなかなか収まらないのに対し、GVC+オン時は左右の揺れが素早く収まりすぐに直進状態に復帰できる
マツダによるエルクテスト時のGVC+オンオフ比較を車内から行った動画。GVC+オフ時は何度も修正舵を大きく当てているのに対しGVC+オン時は修正舵の回数も量もはるかに少ない

 これを、改良前のCX-5にGVC+のオンオフを可能にしたテスト車両で試したところ、その効果は絶大。エルクテスト(急に飛び出してきたヘラジカを避けるのを想定したテスト)と同様の急激なレーンチェンジでは、直進状態に戻るまでのふらつきが非常に早く収まるため、車高が高いSUVでは効果が大きいように思われた。

エルクテスト時のロール角およびピッチ角変化をGVCオンとオフとで比較したグラフ。オフ時はロール角に対するピッチ角の変化が量も回数も多いのに対し、オン時は両車がほぼ一致している

 またパイロンスラロームでは、ターンイン後の“オツリ”が残りやすいよう意図的にアクセルのオンオフを大きめにしても、GVC+がステアリングを直進状態へ戻す操作に応じてヨーとピッチを収束させるため、オーバーステアの兆候すら見せず難なくクリア。

コーナーを素早く立ち上がるGVC+オンのCX-5。ステアリングの戻しからヨーの収束までのタイムラグが短く、舵角もより早く直進状態に近い状態へ戻っている

 通常の旋回でも、ステアリングを戻してからヨーとピッチが収束し車体が直進状態に近づくまでの時間が短くなるため、ステアリングをより早く直進に近い状態へ戻し、アクセルもより早いタイミングで深めていくことができた。

 そして何より、ドライバーの操舵を起点として制御を行うため、旋回中にGVC+の制御が介入しても、こうしたヨーコーントロールシステムにありがちな違和感を全く覚えない。それこそが、GVC+が持つ最大の凄さだと、私は思う。

専用の高輝度ダーク塗装が施されたマツダCX-5 XDエクスクルーシブモードのフロントホイール
 なお、足回りのハードウェアも細部が改良されており、その具体的メニューは下記の通りとなっている。

●フロントナックルアウターボールジョイント位置の最適化(CX-5のみ)
●フロントスタビライザー径拡大(22.2→23.0mm)
●フロントスタビライザーブッシュ硬度低減
●リヤスタビライザー径縮小(19.0→18.0mm)
●リヤダンパートップマウントのウレタン化
●前後ダンパー内のバルブ構造変更

 フロアの板厚がCX-8より薄く、わずかに凹凸のある路面でもフロアから振動を発生しやすかったCX-5では、特にダンパーの改良が大きな効果を発揮。今回は荒れた路面を連続して試すことはできなかったものの、明らかにその振動が少なくなっているのを体感できた。

CX-5のSH-VPTS型「SKYACTIV-D 2.2」2.2Lディーゼルターボエンジン

 さらに、CX-5の「SKYACTIV-D 2.2」6速MT・4WD車の「XD Lパッケージ」、CX-8の「SKYACTIV-G 2.5」6速AT・FF車「25Sプロアクティブ」7人乗り・ルーフレールなしにも試乗した。

CX-5「SKYACTIV-D 2.2」に組み合わされる6速MT
 まず前者は、「これほどまでにこのディーゼルと6速MTは相性が良いのか」と驚愕することしきり。よりダイレクトな加速フィールが味わえるのはもちろん、ヒール&トー時の吹け上がりも鋭いため回転を合わせやすい。また450Nmの有り余るトルクと5000rpmものレブリミットを利して、高めの回転数まで引っ張って加速すれば1速飛ばしのズボラシフトも許容してくれる。ただし、燃費は悪化するだろうが。

CX-8のPY-VPS型「SKYACTIV-G 2.5」2.5LガソリンNAエンジン

 一方で後者は、CX-5より210kg重い1740kgの車重に対し、190ps/6000rpm、252Nm/4000rpmというスペックはFF車で辛うじて必要充分といえるレベル。最終減速比がCX-5の4.624から4.957まで低められているため実用上は不足のない加速性能が担保されているが、その分市街地で流れに乗るのを想定した発進加速でも3000rpm付近まで引っ張る必要がある。

 ストップ&ゴーの多い使用環境ではもちろん、アテンザやCX-5と異なり気筒休止機構が備わっていないため高速巡航時においても「SKYACTIV-G 2.5T」よりもむしろ燃費が悪いのでは、と思わずにはいられなかった。

マツダCX-8 25Sプロアクティブ(左)、マツダCX-5 25T Lパッケージ(右)

 また今回改めて、CX-5とCX-8を乗り比べてみると、両車の性格が好対照なことを再認識させられる。CX-5は355mm短い全長と230mm短いホイールベース、約200kg軽い車重のおかげで加速・旋回性能とも高く、操る喜びに満ちているが、NVHは一歩劣る。特に「SKYACTIV-G 2.5T」搭載車では、加速時は高周波のタービンノイズ、巡航時は低周波の排気音が耳に付く傾向にあった。

CX-8の3列目静粛性向上策とその効果グラフ。3層構造の塗布型制振材をリヤフロアに追加したほか、バックドアガラス左右の接着剤塗布ラインに凹凸を設けることで共振を減らし、音圧レベルを全周波数で下げている

 逆にCX-8は、CX-5に比して運動性能、特に旋回性能は劣るものの、居住性や静粛性、乗り心地では確実に上回る。今回の改良で3列目周辺の遮音性能が高められたことによって、CX-9のボディ・シャシーがベースであり、かつワンランク上の車格に位置付けられていることが、より明確に体感できるようになった。

CX-8のPY-VPTS型「SKYACTIV-G 2.5T」2.5Lガソリンターボエンジン

 初代CX-5の発売以降長らく、その余りにも高性能なディーゼル車の前に、マツダのガソリン車はどれほど安価であろうと霞んで見えてしまう傾向にあった。だが、今年に入ってから各車で、ディーゼル以上にガソリンエンジンの改良が進んだことで、ガソリン車を積極的に選びやすくなっている。

 そして今回、2.5LガソリンターボがCX-5とCX-8に設定されたことで、初代CX-5の発売以来初めて、ガソリンエンジンがディーゼルを動力性能と走りの楽しさで上回った。しかもCX-8では2.5Lガソリンターボ車と2.2Lディーゼルターボ車とで、その他の装備が同等レベルの車両同士で10万円前後の開きがあるため、CX-8を買うなら2.5Lガソリンターボ車がベストチョイスと言い切れる。

 2.5Lガソリンターボには4WDとの組み合わせしかないのがネックだが、標準グレードの「25Tプロアクティブ」で374万2200円、ナッパレザーシートが標準装備となる「25T Lパッケージ」で424万4400円という価格はもはや破格と言っていい。「ちゃんと使える3列目シートを備えたクロスオーバーSUV」を他社に求めると必然的にフルサイズとなるため、2倍以上のプライスタグを提げていることも珍しくないのだ。

CX-5 XDエクスクルーシブモード・6速MT車のインテリア

 だがCX-5では、2.5Lガソリンターボ車と2.2Lディーゼルターボ車の価格差が5000円強と極めて小さい。しかも後者には6速MTとの組み合わせがあり、ホンダS2000を愛車とする筆者でさえ「これならスポーツカーから乗り換えても楽しめる」と思えるほど、その走りは楽しさに満ち溢れているのだ。そして価格は、ナッパレザーシートを標準装備する最上級の「XDエクスクルーシブモード」4WD車を選んでも、388万2600円。

 2.5Lガソリンターボ車ならCX-5とCX-8のどちらにするか、はたまたCX-5 2.2Lディーゼルターボの6速MT車にするか。実際にいずれかを購入するとなったら、その答えは永遠に出そうにない。

【Specifications】
<マツダCX-5 25Tエクスクルーシブモード(F-AWD・6AT)>
全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mm 車両重量:1680kg エンジン形式:直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボ 排気量:2488cc ボア×ストローク:89.0×100.0mm 圧縮比:10.5 最高出力:169kW(230ps)/4250rpm 最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm WLTCモード燃費:12.2km/L 車両価格:387万7200円

<マツダCX-8 25T Lパッケージ7人乗り(F-AWD・6AT)>
全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm ホイールベース:2930mm 車両重量:1890kg エンジン形式:直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボ 排気量:2488cc ボア×ストローク:89.0×100.0mm 圧縮比:10.5 最高出力:169kW(230ps)/4250rpm 最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm WLTCモード燃費:11.6km/L 車両価格:424万4400円

<マツダCX-5 XDエクスクルーシブモード(F-AWD・6MT)>
全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mm 車両重量:1680kg エンジン形式:直列4気筒DOHC直噴ディーゼルターボ 排気量:2188cc ボア×ストローク:86.0×94.2mm 圧縮比:14.4 最高出力:140kW(190ps)/4500rpm 最大トルク:450Nm(45.9kgm)/2000rpm WLTCモード燃費:18.6km/L 車両価格:388万2600円

<マツダCX-8 25Sプロアクティブ7人乗り(FF・6AT)>
全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm ホイールベース:2930mm 車両重量:1740kg エンジン形式:直列4気筒DOHC直噴ガソリン 排気量:2488cc ボア×ストローク:89.0×100.0mm 圧縮比:13.0 最高出力:140kW(190ps)/4500rpm 最大トルク:252Nm(25.7kgm)/4000rpm WLTCモード燃費:12.4km/L 車両価格:325万6200円

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ