MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニューモデル

YAMAHA・2019 SR400 新型ヤマハ・SR400試乗レポ|決して速いわけではないけれど、それが楽しい。心地良い。[2/2]

  • 2018/11/13
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディテール解説

セリアーニタイプのフロントフォークにはインナーチューブを保護する蛇腹のラバーブーツが装備されている。クロームメッキフェンダーはスタビライザー効果もあるスチール製。ブレーキはφ298mmのシングルディスクローターと異径2ピストンキャリパーはピンスライド式だ。
ビッグシングルと呼ぶに相応しいボリュームを感じさせる空冷単気筒エンジン。シリンダー及び同ヘッドの冷却フィンデザインも昔から変わらない。バフ掛けされたクランクケースカバーも美しい。排出ガス規制対応でキャニスター(蒸発ガス浄化室)が新装備された。
今や前世紀の遺物!? 多くの一般市販車の中でもはや唯一の存在と言えるキックレバーが採用されている。セルモーターはなく、エンジン始動は足踏みによるクランキングのみ。初めて扱う人には、それなりの慣れが必要となるだろう。
ごくなだらかに、その位置を少し高められていくストレートマフラーがスマート。ピリオンステップ位置が高すぎず、タンデムライディングも快適にこなせる基本機能は見逃せない魅力点だ。
このデコンプレバーこそキック式を採用する、まさにSRならではの装備だ。レバーを握ると排気バルブが開放されてピストン上昇時の圧を抜く仕組み。これを使うと上死点を探し出す時の操作(踏)力が軽減される。
適度にアップされたバーハンドルも綺麗にクロームメッキ仕上げされている。ステアリングヘッド位置は低くないが、少しスポーティな雰囲気のポジションは街乗りにも程良い。
これも昔のままのイメージを踏襲しているセパレートされたツインメーター。右がエンジン回転計でヤマハの音叉マークとSRの文字。左が速度計で共に白い文字盤が印象的。赤い指針のアナログメーターでオド&トリップメーターもドラムが回転するアナログ式だ。
左側のスイッチ。小さな丸形のホーンボタンが懐かしい。その上はプッシュキャンセル式のウインカースイッチ。上はヘッドライトの上下を切り替えるディマースイッチ(左上)とパッシングスイッチだ。ちなみに右側はキルスイッチとハザードランプスイッチのみ。
燃料タンク容量は12L。フィラーキャップはキーロック付き。タンク前方、ステアリングヘッド直後の黒いキャップはドライサンプ式潤滑オイルタンク用。フレームの中にタンクが納められている。
フラットなダブルシート。昔はこれが当たり前のスタイルだった。クロームのグラブバーも装備されタンデムライディングでも違和感の少ない乗車姿勢が決められて、なかなか快適だ。
フレームのV字ゾーンを巧みに使ったツールボックス。右サイドカバーの下にキーロック付きで装備。これも昔からあるデザインだが現在では珍しい存在と言える。
ツールボックスの中の専用ケースに納められていた車載工具一式。スポークのニップルレンチやドライバー兼用のプラグレンチも装備されている。キチンと丁寧に詰めないと元あったツールボックスの中に工具袋を戻すのが難しくなってしまう。つまりボックスの大きさはギリギリのサイズだ。

●主要諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BL-RH16J/H342E
全長×全幅×全高 2,085mm×750mm×1,100mm
シート高 790mm
軸間距離 1,410mm
最低地上高 130mm
車両重量 175kg
燃料消費率
 国土交通省届出値 定地燃費値 40.7km/L(60km/h) 2名乗車時
 WMTCモード値(クラス) 29.7km/L(クラス2 サブクラス2-2) 1名乗車時
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 399cm³
内径×行程 87.0mm×67.2mm
圧縮比 8.5:1
最高出力 18kW(24PS)/6,500r/min
最大トルク 28N・m(2.9kgf・m)/3,000r/min
始動方式 キック式
潤滑方式 ドライサンプ
エンジンオイル容量 2.40L
燃料タンク容量 12L(「無鉛レギュラーガソリン」指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,2.5Ah(10HR)/GT4B-5
1次減速比/2次減速比 2.566(77/30)/2.947(56/19)
クラッチ形式 湿式, 多板
変速装置/変速方式 常時噛合式5速/リターン式
変速比 1速2.357/2速1.555/3速1.190/4速0.916/5速0.777
フレーム形式 セミダブルクレードル
キャスター/トレール 27°40′/111mm
タイヤサイズ(前/後) 90/100-18M/C 54S/110/90-18M/C 61S (前後チューブタイプ)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/
機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,60/55W×1

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ