MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデスAMG|MERCEDES AMG
  4. Eクラス

Mercedes AMG E53 4MATIC+ Driving Impression メルセデスAMG E53 4MATIC+:常用域でも435psの直6ハイテクエンジン搭載の実力の高さを過剰なまでに訴えかけてくる!

  • 2018/11/17
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

 車名に「4MATIC」と付いていることから想像がつくように、AMG E53 4MATIC+は4輪駆動だ。「+」は進化版を意味しており、前後トルク配分を50:50から0:100まで可変制御する機能が加わった(従来は固定配分)。今回の試乗では機能を体感する機会を得ることはできなかったが、ポテンシャルが高いクルマであることはわかる。

 サスペンションにも「+」が付いており、AMG RIDE CONTROL+サスペンションと呼んでいる。連続可変ダンパーを備えたエアサスペンションだ。プレスリリースには「コーナリング時やブレーキング時などは、スプリングレートを高めることでロールを効果的に抑制」「各輪の減衰力をその時点の走行状況および路面状態に合わせて自動で調整する」とある。インテリジェントなのはパワートレインだけではない。

 やはり、今回の試乗ではインテリジェントなサスペンションの機能を100%引き出す機会には恵まれなかったが、同じエアサスペンションでも、SクラスとAMGでは味つけが天と地ほどに違うことは理解できた。AMG E53 4MATIC+は、コンフォートにしておいてもハードだ。「オレはいま引き締まった脚のクルマに乗っている」ことを、タイヤをほんの少し転がすだけで実感することができる。

 もちろん、AMGのことだ。重量級のモデル(試乗車の車両重量は2020kg)をサーキットに持ち込んで振り回したところで破綻せず、ビシッと安定した姿勢を保っていられるだけの実力は備えているに違いない。その実力の高さを常用域で過剰なまでに訴えかけてくるのが、メルセデスAMG E53 4MATIC+だ。

メルセデスAMG E53 4MATIC+
■ボディ寸法
全長×全幅×全高:4950×1850×1450mm
ホイールベース:2940mm
車両重量:2020kg
駆動方式:フルタイム4WD
■エンジン
形式:直列6気筒DOHCターボ+電動スーパーチャージャー
型式:M256型
排気量:2996cc
ボア×ストローク:83.0×92.4mm
圧縮比:10.5
最高出力:435ps(320kW)/6100rpm
最大トルク:520Nm/1800-5800rpm
ISGモーター:16kW/250Nm
燃料タンク容量:66ℓ
■トランスミッション
9速AT(9G-TRONIC)
■燃費
JC08モード燃費:10.0km/ℓ
■車両本体価格1202万円(試乗車はオプション50万6000円含む1252万6000円)

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ