MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/09
  • MotorFan編集部

限定50台、価格は約1億3000万円!日産GT-R50 by Italdesignはプロトタイプからどこが変わったか

Nissan GT-R50 by Italdesign Production Version

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nissan GT-R50 by Italdesign Production Version
日産自動車は11月7日、「Nissan GT-R50 by Italdesign」の市販モデルのデザインを公開し、あわせて50台限定で正式に受注を開始したことを発表した。価格は 99万ユーロ(税抜き、オプション含まず)から。

 エクステリアデザインは、2018年7月に英国で開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで初公開したプロトタイプモデルを踏襲しており、価格は 99万ユーロ(税抜き、オプション含まず)から。

 Nissan GT-R50 by Italdesignは、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に生誕50周年を迎えることを記念し、最新のGT-R NISMOをベースに共同開発したモデルだ。プロトタイプモデルのボディカラーは特別なグレイ塗装仕上げにゴールドがアクセントになっていたが、限定生産モデルでは顧客が好きなボディカラーの組み合わせを指定し、あわせてインテリアカラーも選択することができる。

 Nissan GT-R50 by Italdesignのプロトタイプモデルは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード以降、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットや米国のロレックス・モントレー・モータースポーツ・リユニオンにて披露され、銀座にある「NISSAN CROSSING」にも展示された。そして、12月7日からは日産グローバル本社ギャラリーに展示される。


 では、6月に発表されたNissan GT-R50 by Italdesignのプロトタイプと今回発表されたプロダクションモデルを比べてみよう。基本的にすべてCG画像だから、プロトタイプのCGを修正してプロダクションモデルのCGを制作したのだと想像するのだが……。

Nissan GT-R50 by Italdesign Prototype

Nissan GT-R50 by Italdesign Production Version

Nissan GT-R50 by Italdesign Prototype

Nissan GT-R50 by Italdesign Production Version

Nissan GT-R50 by Italdesign Prototype

Nissan GT-R50 by Italdesign Production Version

Nissan GT-R50 by Italdesign Prototype

Nissan GT-R50 by Italdesign Production Version

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る