MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/12
  • GENROQ編集部

クラシックカー乗りに朗報!ヨコハマGTスペシャルが復活!【東京オートサロン2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルシェ356の装着サイズは165/80R15
かつてのヨコハマの人気タイヤ、GTスペシャルが東京オートサロンに展示されました。かつてのトレッドパターンはそのままに、現代のテクノロジーで開発されたクラシックカー専用タイヤです。

東京オートサロンのヨコハマブースの奥にひっそりと置かれているポルシェ356。どうやら1956年型の356Aのようですが、何故こんなところに?と思っていますよね。もちろんヨコハマだけに、注目はタイヤです。この356が装着しているのはGTスペシャル。この名前を聞いて「懐かしいな〜」と思った人は、おそらく40代以上の方ではないでしょうか。

正式な名称はGTスペシャル・クラシック。これは1970年代以前のクラシックカーを対象にヨコハマが開発したニュータイヤなのです。クラシックカーに乗っている人はわかっていただけるでしょうが、タイヤの選択肢がとても少ないんですよね。そもそも旧いクルマはタイヤが細くて径も小さい。そのサイズに適合するのはエコタイヤくらいしかなく、性能面でも不満だし何よりトレッドパターンがかっこ悪い。またサイズが合っても最新のスポーツタイヤはグリップが強すぎてクラシックカーのサスペンションとはマッチングが悪かったりします。

このGTスペシャル・クラシックはヨコハマがかつて販売していたGTスペシャルY350のパターンを完全復刻したもの。もちろんコンパウンドは最新のもので、クラシックカーにふさわしい性能と安全性を備えているのです。これならクルマの雰囲気を壊さないし、性能面でも安心ですね。

最近はアドバン・タイプDを復刻させるなど、ヨコハマのクラシック路線は今後も注目ですね。このGTスペシャル・クラシックのサイズは145/80R10、165/80R14、165/80R15、175/80R14で、2019年春に発売予定だそうです。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る