MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. モトチャンプチャンネル

ヤマハNMAXのカスタムのオハナシ【オーナーズクラブに直撃取材】

  • 2019/03/16
  • モト・チャンプ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

その完成度の高さからカスタム例がちょっと少なめのNMAXだけど、いよいよムーブメントが到来か!?ここではカスタムも走りも大いに楽しんでいるNMAXオーナーズクラブ関東支部のメンバー&マシンをフィーチャー!

PHOTO◉平野 陽/奥隅圭之
REPORT◉モルツ

仲間でありライバル⁉スポーツ志向のツワモノ揃い

 ヤマハの新世代エンジン“ブルーコア”、さらにVVA(可変バルブ機構)を小型スクーターでは初めて採用し、鳴り物入りで二種スク界に登場したNMAX。現在は155㏄モデルも追加されて盤石の布陣を組む同車だが、カスタムシーンにおいては盛り上がりに欠ける面も。要するに「ノーマルで十分過ぎるからイジる必要がない」のである。

 しかし、今回取材したNMAXオーナーズクラブの皆々はそんなことなどどこ吹く風! 全車ガッツリとカスタムされていて一堂に会した姿は圧巻だ。このNMAXオーナーズクラブのメンバーは『みんカラ』で繋がっており、大きく関東と関西に分かれて活動しているという。早速、関東支部のリーダー、G's MAXさんに話を聞いてみた。

「メンバーはほとんどが40代で、中には60代の方も。ビッグバイクに疲れて乗り換えた人から、数十年ぶりに復帰したリターン組まで様々です。NMAXは国内パーツがあまり多くないので、海外ブランドを組み合わせてカスタムを楽しんでいます」。

 誰かがカスタムすれば、自分も負けじと躍起になって……。通勤用に買ったのに、いつの間にかカスタムをして走りに行くのが目的に!「定期的にオフ会も開催してツーリングにも行きますよ。ほぼ毎日乗るけど、みんな燃費は気にしていなくて“もっと速く、気持ちよく走りたい”というオーナーが多いですね。今後、カスタムシーンの土台が整えば、シグナスXなどのようにアフターパーも増えていくんじゃないかなと期待し
てます!」。

 それでは早速、オーナーたち渾身のカスタムマシンをじっくり見せてもらいましょう!

カスタムの定番MENU CHECK! 今回取材した7名全員が行っている二つのメニューをピックアップ!

「ボアアップでモアパワーを獲得!」
125㏄ベースも半数ほどいるが、純正流用のシリンダーヘッドや社外製キットで全員が155 ㏄以上に排気量をアップ済み。なかなか手を入れづらいエンジン部分だけど、仲間内でパーツの情報を共有し、組み方や耐久性などを研究できている証だ。

「タコメーターで回転数をチェック!」
NMAXには回転計はない。スポーツ性を重んじる彼らは後付けのタコメーター(AutoGauge製など)を純正メーターの左側にセットして走りに興じている様子!他にもフルコンや水温計なども備え、通勤に役立つスマホホルダーも抜かりなし!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ