MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/05
  • MotorFan編集部

54.6km/Lの低燃費スクーター! ヤマハ・アクシスZ、2019年カラーを発売

124㎤ “BLUE CORE”エンジンをコンパクトなボディに搭載し、実用性と快適な乗り心地を兼ね備える

このエントリーをはてなブックマークに追加
「AXIS Z」左上ブラックメタリック、右上/マットダルパープリッシュブルーメタリック 2、左下/マットダークブルーイッシュグレーメタリック 3、右下/ダークグレーイッシュマゼンタメタリック 1
ヤマハ発動機株式会社は、124㎤ “BLUE CORE”※1エンジンをコンパクトなボディに搭載し、実用性と快適な乗り心地を兼ね備えたスクーター「AXIS Z(アクシスゼット)」のカラーリング設定を変更し、2019年カラーとして2月25日より発売する。

ヤマハ・アクシスZ……243,000円

 今回の新色は「ブラックメタリックX」、「マットダルパープリッシュブルーメタリック2」「マットダークブルーイッシュグレーメタリック3」「ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1」の4色。従来カラー「ホワイトメタリック1」は継続し、ライフスタイルに合わせて選べる全5色を設定している。
 “ヤマハ125ccスクータートップの低燃費54.6km/L(WMTCモード値 ※2)”や“扱いやすい軽量ボディ”、“大容量約37.5Lのシート下トランク”などの特長は、現行モデルから継続している。なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行う。

※1 当社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「アクシスZ」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。(商標登録第5676267号)
※2 WMTCモード:発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。(数値は2019年2月現在)

ニューカラー「ブラックメタリックX」
ニューカラー「マットダルパープリッシュブルーメタリック2」
ニューカラー「マットダークブルーイッシュグレーメタリック3」
ニューカラー「ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1」
従来カラー「ホワイトメタリック1」

発売日など

※メーカー希望小売価格(リサイクル費含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る