MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. キャンピングカー

乗用ワゴン登録可能な画期的モデル 【簡易キャンパーで遊ぼう!】トヨタ・ハイエース〈DIRECT CARS/フューチャーフリーワゴン・アクロスワゴン〉

  • 2019/03/18
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディサイズ:3or5ナンバー
乗車定員:10名
就寝定員:3or2名
電源:有
全国納車:可
価格:355万円(税別)〜

ベース車となるのは「スーパーGL」で、4ナンバーの標準ボディなら5ナンバーに、1ナンバーのワイドボディなら3ナンバーに乗用登録が可能。両側スライドドア付きの「ダークプライム」が基本のベース車だから、高い利便性が確保できる。外装のオプション装備も多彩。

座席

2列目には1400i-seat REVOシート、3列目には1200i-seat T-REVOシートを標準装備。いずれも乗用の厳しい検査基準をクリアしており、安心して使えるのもポイントだ。ロングスライドレールが標準装備で、シートアレンジも多彩。
ベッドから天井までの高さ:1000㎜ ベッドから床面までの高さ:250㎜ ベッドの厚み:150㎜

ベッド収納&走行時

フルフラット時には奥行き2400㎜×幅1200~1400㎜の広々としたベ ッドスペースを確保できる。車体後方にキャビネットがある分、やや幅は狭まるが、窮屈さを感じるほどではない。2列目を前方へ寄せれば、3列目の足元は広大な空間となる。

後席&荷室アレンジ

3列目の背もたれを立てて、2列目をフラットにセットすれば、車内でくつろぐのに最適なソファベッド仕様になる。クッション性も抜群だ。
2&3列目はバタフライ式で、ロングスライドレールとの組み合わせでさまざまなレイアウトが可能になる。写真のように3列目外向き仕様にもできる。

うれしい装備

こちらもオプション設定となるルーフハンガーバー。車内で手すりとして使うのもありだし、服などをハンガーにかけて吊るすなど、使い方は豊富だ。
サブバッテリーパックもオプションで用意。電源関係は壁面キャビネット内にすっぽりと収納できるよう設計されているから、車内の雰囲気も確保可。
天井に埋め込まれる6個のLEDスポットライトはセットオプション。段階的に明るさを調節できるので、就寝時にはダウンライトとしても活用できる。
オリジナル家具一式はすべて標準装備。3列目の壁面部に設置されているキャビネットはフタ付きの収納にもなっていて、小物類を片付けるのに最適。

ルーフラックで積載量アップ

「アクロスワゴン」では外装オプションも充実。フロントブッシュバーやラダーなどは雰囲気アップにも貢献。ルーフラックは積載性が高い。

簡易キャンパーのすべて No.3

愛車を選ぼう!!
本格的なキャンピングカーよりも手軽な価格で購入できて、通勤や買い物といった通常の足にも使える車中泊対応の「簡易キャンパー」を特集した第3弾が登場。
ミニバンや軽自動車、そして簡易キャンパーのベース車両として最も高い人気を誇るハイエースなど全37台のショップ制作コンプリートカーを紹介。ベッドキットの広さや様々な装備の使い勝手などを見比べることができます。

定価:864円 (本体価格800円)

ハイエースパーツ・パーフェクトマスターを目指すならこちら!

【200系ハイエースの基本】
ドレスアップ&カスタマイズのポイント

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ